The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2017 - Page 71

出典 : Damon Edwards 統一体として考えなければなりません。サイロベースの組織にとって、システム思考は馴染み のないトピックかもしれません。 CTP が評価するもう 1 つの分野は SDLC の慣行です。導入の頻度を高めたいと計画してい る企業は、リーン原則を受け入れ、従来型のウォーターフォールアプローチや完成度の低い スクラムアプローチを撤廃する必要があります。ガバナンスも重要な分野です。圧政的な古い ガバナンスの手法を取るのではなく、制御、ポリシー、ガバナンスをコードに組み込む必要が あります。アーキテクチャー 8+8*8:^8:88n8*>88*89888;>8+888(8 i>8:89>8:^8;898;888).8N88@8(.yJhH88(i.K>8{X.8(8>888~88.888(8n889~8:8+8+8898*N8;>888+88>8888{ kN88>8n{i{iyN[XZ^8i.K>8~8[۞z8888)>8.8>8ik8~8Ni.K>8~88zx888zX^Xn8).K 8~8zj[^y@88N{i{iyN8y>in8).z+z8~8n .K88+8*8:^8:88n8*>88+>8;>89~8:8*N8*.8;>8+8).z+88([^h88 8(888.H~i[8888;8:8898+8;>8).h8888~[XZ^8).Z8~88(y+Z(>8~88Ki>88(8(hX^8:89>8:^8;8~8XXn8Z[8~8888)>8.ik8~8NKnyX8~8zXn888).8:8*.8:8+8*N8:8~y>i88([^h88.8(888 #r[NzxXrDRDU"c