The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2017 - Page 68

重要な概念 DevOps 「より高品質のソフトウェアをより素早く、より信頼で きる方法で構築するための優れたコミュニケーション とコラボレーションを促進する文化の転換または運動」 セスを完了するのがあまりにも負担であるために新しいアイデアを試すことをやめてしまった か、リスクがあると考えられているためそれが推奨されていないと答えました。従業員は自宅 で実験をするものの、その成果を職場に持ち込むことはできませんでした。イノベーションが 行き詰ると、従業員の離職につながることが珍しくありません。彼らはイノベーションを心から 愛しているためです。 クラウド以前の時代では、新しいテクノロジーを導入することが今日よりもずっと困難でした。 例えば、特定のワークロードに対して、使用が強制されている既存の Oracle リレーショナル データベースよりもHadoopのような非リレーショナルデータベースがより適したソリューショ ンだとあるエンジニアが判断したとします。このエンジニアは委員会に申請し、新しいベン ダーを導入する承認を得る必要があります。また、ハードウェアとソフトウェアのライセンスを 取得する必要があります。さらに、この新しいテクノロジーを管理および保守するために人員 にトレーニングを実施するか、人員を雇う必要があります。これらすべてのタスクが、議論、計 画、実行に数週間から数か月かかります。これでは、ほとんど常に、エンジニアが元のタスク を完了しなければならない期間を超えてしまいます。このプロセスを 1 度か 2 度経験して無 駄に終わった場合、このエンジニアは二度と新しいソリューションを持ち出そうとしなくなるで しょう。 クラウドでは、 Hadoop のようなデータベースが単一の API コールで、マネージドサービスと して利用できます。ハードウェアまたはライセンスを取得する必要はなく、管理や保守のため の何人もの人員も必要ありません。さらに、実験に必要な時間とコストはごくわずかです。許 可が下りれば、エンジニアは他者を巻き込むことなく、同じ日に自分の仮説をテストできます。 実験によって特定のワークロードに対して Hadoop が最適なソリューションであることが証 明された場合、エンジニアは他者と協力して企業の公式のソリューショ ώg /O37+g  '3>Cog / ;g ߎϚ" KRg /N3 ;g ߎώ H+;7"ۖg /7 n_? 7[_>_G 3 /3 (+g+N  Q@3Wg /"";g N  '_C  ׎O H+R7 / ##/ώ Î K>_G /3 /G?  ' KRg / (؁Q!=AA1H܃Ӟ/>