The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2017 - Page 67

よりすばやくアジャイルな IT デリバリーに対するビジネスの需 要によって、 DevOps とアジャイル開発手法への関心はますま す高まっています。 ̶ Gartner 社『DevOps – 成 功に導くための簡単な 8 ステップ』 George Spafford、 Ian Head 著、 2017 年 10 月 9 日 アジャイルを達成するためにはコストの制御と ポリシーの適用のために構築されたレガシーの 組織構造を高度なコラボレーション、透過性、 目標共有を促進する新しい組織構造に置き換 える必要があります。 客様と DevOps の成熟度評価を実施する際、 CTP では 3 つの分野にかけて成熟度を評価 しています。その 3 つとは人員、プロセス、テクノロジーです。 DevOps と人員 人員の分野では、企業をイノベーション、スキル、文化、コラボレーションの 4 つのカテゴリ で評価します。変革に関して、イノベーションはかなり過小評価されている分野です。物理的 ハードウェアの時代には、新しい環境を取得または作成して実験したり、仮説を証明したりす るために時間と資金を投資するのはほとんどの場合不可能でした。多くの企業が、適切な審 査プロセスを経ずに新しいテクノロジーを実験することを禁止していました。このマインドセッ トが、しばしばイノベーションを妨害していました。私がインタビューをしたお客様は、プロ 2017 年秋号 | THE DOPPLER | 65