The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2017 - Page 47

ライフサイクルの再発明 最初に、コンテナーのライフサイクルの主要な段階と、その対応方法を理解する必要があり ます。これらの段階の多くはまだ説明されていません。つまり、未開の地を開拓することにな ります。そして、コンテナーのライフサイクルプロセスをセットアップし、ツールを選択し、自動 化が可能なものを自動化する際には、その革新的な性質を考慮する必要があります。 コンテナーの開発 コンテナーがゼロから構築されることはほとんどありません。ほとんどのコンテナー開発者 は、パブリックまたはプライベートの既存のコンテナーイメージレポジトリ (Docker Hub な ど ) から機能を取得します。 コンテナーではレイヤードイメージが使用されることに配慮することが重要です。アプリケー ションは、 1 つのベースイメージから派生させることができます。そのベースイメージは、別の 2017 年秋号 | THE DOPPLER | 45