The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2017 - Page 46

コンテナーのライフサイクル管理 の現状: 再発明の時 David Linthicum コンテナーのライフサイクル管理を計画する際は、 特別 な配慮が必要です。 コンテナーを使用してアプリケーションを構築している企業にとって重要なのは、コンテナー のライフサイクルをどのように管理するかという問題です。これに対する簡単な回答はありま せん。特定の手法やプロセスを促進するベストプラクティスや、ツールでさえも、ほとんど存在 していません。 企業によく見られる失敗は、コンテナーを仮想マシンとして管理することです。これは誤った 捉え方です。別の失敗は、コンテナーを従来型のアプリケーションワークロードとして管理す ることです。これも間違っています。 コンテナーは、従来型のアプリケーションワークロードとも最新のアプリケーションワーク ロードとも異なります。コンテナーは自己完結型で、ポータブルです。それ自体で実行できる と同時に、 Kubernetes などの特別なクラスターマネージャーを使用することで、クラスターと して実行することもできます。 また、分散させて、アプリケーション内で特定のコンテナーのセットが特定の役割を担うよう にもできます。したがって、コンテナーの間には、テスト、開発、 IT 運用の際に追跡および考 慮する必要がある依存関係が発生する場合があります。 これは何を意味するのでし