The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2017 - Page 33

る究極的な目標は、可能な限りプロセスから人間を除外するこ とです。なぜなら人間の介入は遅延、不正確性、回避可能なエ を利用するようになりました。私たちは、キーボードやマウス 「の み」を使用してデバイスと相互通信することを学んできました。 ラーの原因となるためです。 なぜなら、過去 40 年間の間それしか選択肢がなかったため さらに、コンピューターに話しかけたい場合や話しかける必要 れば、概念上は操作をずっと速くできるでしょう。まだテクノロ がある場合、つまり人間が本当に会話に参加する必要がある 場合は、キーボードやマウスがあります。キーボードやマウスを 使用すれば、同じ部屋にいる人に迷惑もかかりません。音声 システムではそうはいきません。また、 Siri、 Cortana、 Google Now、 Alexa、および同様のシステムでは一般的である、実際 の意図とは異なる音声を認識したために見当違いの回答をして です。代わりに音声とジェスチャーの組み合わせを使用でき ジーは完璧とはいえませんが、内部でより優れたディープラー ニングを適用し始めたことで、劇的に向上されつつあります。 映画『マイノリティー・リポート』の概念が現実になると考えて みてください。電話のような小さい手持ち型デバイスから仮想 の巨大スクリーンが投影され、音声とジェスチャーで操作でき しまうという問題も心配する必要がありません。 るのです。無制限で、思考に近い速度で操作できます。 一方で、チャットボットは Skype、 Slack、 Facebook Messen- 最近の HBO ドラマシリーズ『ウエストワールド』で提示された ger など、チャットベースのインタラクションで自動回答を取 得する方法として非常に発展してきました。そのインタラクショ ンの人間側を音声に置き換えることは、自動音声応答 (IVR) の世界で始まりました。これにより、私たちは電話の数少ない キーボードにもかかわらず電話で自動回答を取得できるように もう 1 つの注目すべき概念は、人間のプログラマーはやがて能 力の限界に達するというものです。そこで、彼らはより速く、効 率的にコードベースの構築を開始できる真の AI を開発したの でした。プログラマーを AI に置き換えるとは、ものすごいアイ デアです ! 私たちの作業報告会議も短縮されるのでしょうか。 なりました。しかし、より最近は Siri、そして現在は Alexa によ るデバイスインタラクションがより多く利用されるようになりま た。 多くの人が車の中で長時間を過ごし、違反切符や事故を避け るために、常に iPhone を使用しながらも決まってハンズフリー 2017 年秋号 | THE DOPPLER | 31