The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2016 - Page 89

そして、その問題とは、コンピューティングの大部分がパブリッ ククラウドに移行するであろうということです。10 年から 15 年 の異なるマイルストーンに目を向けた場合、疑問となるのは、す べてのアプリケーションフリートの何パーセントがオンプレミ スに残ったままになるのか、ということです。80% になるでしょ うか。50% になるでしょうか。または 20% ということもあるで しょうか。私の見積りでは、業界のほとんどの人が期待するより も低くなると予想されます。多くのベンダーやアナリストは、一 部のデータはパブリッククラウドに含まれることになるが、コン ピューティングの 80% はオンプレミスで稼働し続けると考える メンタルモデルを使用しています。これは、大いに楽観的な考 えであると思います。 DL: Engates さん、ご自身の成長の予測を拡大できます か。Goldenさんよりも少し保守的な考えをお持ちのよう ですが、パブリッククラウドはデフォルトのプラットフォー ムのようなものになるでしょうか。 どれほど多くの企業がプライベートクラウドとパブリッククラウ ドの両方に頼っているのかを知ると、いつも驚かされます。この ように、プライベートクラウドが近い将来になくなるとは考えら れません。 DL: プライベートクラウドの導入を目指しているエンター プライズ IT に対して、何かアドバイスはありますか。 BG: 現在のアプリケーションポートフォリオ、および開発する 可能性のあるアプリケーションポートフォリオについての、明 確な視点からの分析を実施することが重要であると思います。 ポートフォリオのうち、どの程度の割合にクラウド機能が必要 であり、オンプレミスに残り続ける必要性が生じる制約があり ますか。全体的な出費とポートフォリオの範囲について検討す ることにより、それをサポートするために余裕がある投資または 出費を算出し、パブリッククラウドの使用について検討する対 象を特定することをお勧めします。いつも CIO に伝えることは、 インフラストラクチャグループに対して彼らの考えを聞かない JE: パブリッククラウドは問題なく成長していると思いますが、 でください、ということです。なぜなら、インフラストラクチャグ 毎日のように大企業がプライベートクラウドを導入していること 然と身に付いているからです。 私はちょうど、プライベートクラウドもまた成長し続けており、 を論証したところです。前回の OpenStack サミットでは、ある 統計が持ち出されていましたが、その統計では、 Fortune 100 の 50% が OpenStack を使用していると報告されていたと思 います。ここで、同じ 50% がおそらくは Amazon と何らかのプ ロジェクトに取り組んでおり、また、おそらくは Azure と何らか のプロジェクトに取り組んでおり、さらに、おそらくは Google やその他と実験的な取り組みを進めていると想像してみましょ う。重要な点は、企業がパブリッククラウドと組み合わせてプ ライベートクラウドを使用しているということです。プライベー トクラウドは大きな役割を果たしており、一部の極めて大規模 ループには、非常に保守的なアプローチを考え出す傾向が自 JE: 私も同感です。しっかりと目を見開いて IT 要件の全体像 を把握し、進むべき目標や必要となるコストについて理解す る必要があると思います。また、スキルのインベントリを作成し て、自社が得意とするスキルと不得意とするスキルについて理 解することをお勧めします。組織が小規模な場合は、是が非で もデータセンターを構築せずに、パブリッククラウドに移行しま しょう。ただし、 IT のデータが相当な量である場合は、その環 境においてプライベートクラウドが長期にわたり重要な役割を 果たすことができると思います。 なワークロードにおいて使用されています。プライベートクラ ウドを使用している大銀行や主要な電気通信会社もあれば、 Amazon を潜在的な競合他社として見ているためプライベート 大文字 / 小文字表記、句読点、文法、スペル、段落構成に関して、 トランスクリプトは発行基準に従い編集されています。 クラウドにひかれている非常に大規模な小売業者もあります。 2016 年秋号 | THE DOPPLER | 87