The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2016 - Page 80

• ワークロードごとに異なるクラウドプロバイダーを対象とすることにより、特定のコスト上の メリットを達成できる。 単一のクラウドプラットフォームから複数のクラウドプラットフォームへの移行を始める際に は、拡張性、安定性、および優れた運用を確保するうえで、いくつかの分野について考慮する ことが重要となります。これには、アーキテクチャー、運用、ベンダー管理、およびサードパー ティツールが含まれます。それぞれのカテゴリには、マルチクラウド導入に先んじた要員配 置、計画、および投資に Zg /nr'ێ3 +O 3 ' # +%P  ;"C*d+kj*3wW 3g+   +   'nӎ K3VÎ  '_#W  K ׎w#g /0+ +g ;_ ^r+G /r 7?_떺k_C ZOngg ,+w O g_C _#W +R7 /c+ R KSg /Og+S # /G[  '_C :RZg /ێ+ #Ϛ*Oێ Kk+g /jo5Y Rr?fC  $37 ׎ +g 5Y ێ+g  'WZ/+ǒW 3*ۚ/ Kڷ2_{  'WZ/d+ʯ K>g /3 +g 5Y *Oێ_C  &疺k+   ~W[ +g+VÎ  'gώR3"Cg / 3 KW '*g / 5Y 0+"C_g {  'WZ/ngB3':k+ #ώ  # /gώZO+ʯ +O 3 # + W?gώ3>Cog /. KrfC+R7g ǹă5Y /'B 3 /"j҃ ώ#+ #ϖ(+G /W  Sz/j _ K_g+W  + ώ + _ ǎ ߎ+W  )5Y /$+7# f+j_>ߖ2X+  YA +3# ώ ) Ց=̃+  㞺B+ Ö>;n+nX)=́%4  + ώW # .W2X+ # +ǹ5Y k+ #ϖBW   (Q!=AA1H؃Ӟ/>+Rr?fC+  $