The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2016 - Page 72

CIO向けガイド: クラウド アプリケーションの移行 Robert Christiansen 実用最小限のクラウドの構築および大規模な アプリケーション移行の準備に関するベストプラクティス。 データセンタービジネスに残りたいと考えますか。 これは当社の考えではなく、他の企業も例外ではありません。ほとんどの CIO はデータセン タービジネスから離れることを強く望んでおり、企業の経営陣はパブリッククラウドのメリット を理解したうえで、 IT のコスト削減を指示しています。そのため、多くの IT エグゼクティブは、 総所有コスト (TCO) の削減を実現するモデルとして、パブリッククラウドに目を向けていま す。これにより、データセンターからパブリッククラウドへのアプリケーションワークロードの 重要な移行が必要となっています。当社の経験では、いわゆる Migration @ Scale により、 ファクトリモデルを使用してアプリケーションワークロードをパブリッククラウドプロバイダー に移行することにより、前年比で平均 40% の TCO 削減が達成される傾向が示されていま す。このファクトリアプローチの詳細については、本ガイドで後述します。 クラウドプログラムを成功させるには、基本的な発想の転換が必要です。IT グループは従来 より、まるでロケットを打ち上げるかのように、大規模なプロジェクトへのアプローチを進めて おり、コンポーネントを作成または取得し、コンポーネントをインストールし、すべてをテスト し、すべてを発射台に配置してから、プロジェクトを開始します。クラウド導入の場合、このよ うなアプローチには間違った道に進んでしまう機会が多すぎます。また、このようなアプロー チでは、 IT が「Tyranny of How ( やり方の横暴 )」 に捕らえられ、分析、評価、計画、戦略策 定、さらには、有意義なことを実際に行う妨げとなる多数の問題により、身動きできない状態 になってしまいます。 しかし、旧来の思考体制を打ち破る実  /~rj ׎3cr_g OO 3 H)5Y g ?Rr?fC  $F O+ +5Y n7 /9Q1)MхÎ?5Y@g ?Rr?fCNB3c&7>C~g O)5Y +5ɅѥM[ g K3   '_ Î KÎ +SgZT+ K2;_g)%P Î  [ ώ 󞺇B  W  KRg /3 ,+   ߎώB_ ' ׎/ _ 3o O3ZÎ_ ώW #+ 3 ώ' +g G[  ' W# KR_ ώ (Q!=AA1H؃Ӟ/>