The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2016 - Page 60

未来の クラウド重視の世界における発展のため、企業は、クラウドの IT コ ンプライアンスおよびコストに対する前例のない管理を可能にする、マネージドサービスソ リューションのまったく新しいカテゴリに目を向けつつあります。 451 Research による最近のレポートによると、 2018 年中期には、企業のワークロードの 60% がクラウドで実行されると予測されています。データとしては、現在の 41% からの上昇であり、 これを達成するには、膨大な作業を行う必要があります。 当社はその創業以来、クラウドの構築やクラウドへのアプリケーションの移行に取り組んで きました。また、長い年月を経て、データセンター向けに策定された従来の管理 / ガバナンス アプローチの多くが、どうしてもクラウドではうまく機能しないことを学びました。 より優れたクラウドマネージドサービスの需要を推進するもの は何でしょうか。 当社が、次世代のクラウドマネージドサービスソリューションに対する需要の背景にあると考 える主要な推進要因は、次のとおりです。 価値実現時間 企業がクラウドへの移行を十分迅速に行うことは困難です。遅延の理由としては予算上の問 題が報告されており、あまりにも多くのエンティティが混在しているため、プロセスの鈍化が 生じています。中核の IT を効率化および迅速化する必要があります。 セキュリティの強化 クラウド環境とオンプレミス環境の両方において、セキュリティ侵害は毎週のように発生して おり、国内のニュースで目にすることも多くあります。 意志決定の効率化 恒久的 ?_떺hBS3 _ /wCzs_?  ' K;+g / W 3 /?_떺k// /f ZO 33Rcg+{  '‡҃2X+ OG? ȃG[  '_C _ g# + '_C  /⇚Z䀤wcg /{  'JÖ K7מjWZ/_+g nG3_g /O # + C+ώ + #ϞB׎ 7  ++g+  ' 33#++^  'JÖZg /3#jW~[  ώ' ώ'>[+3 _g  ώ >r ώ # K#ώW 3 /  ' ώ #&+l+Sg /*o K6" g# vj ώ #&+oS+ #ϒ#Ⳏ_8+: BG K"zC7o O(Q!=AA1H؃Ӟ/>