The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2016 - Page 6

クラウドのROIに関する重要課題 Mike Kavis クラウド戦略の実施において成功を収めている企業は、極めて 高い投資利益率 (ROI) を実現できます。Doppler Quarterly ROI に関する主な重要課題とは 春号の特集記事「クラウドの経済性 - より大局的な視点の重 社内抗争 くの方法について概説しました。 いつの世にも社内抗争が存在します。これほど進行の妨げとな 要性」では、クラウドにおいて十分な ROI を達成するための多 次に挙げる削減を達成するため、企業は自社のクラウド戦略を 迅速かつ効果的に実施する必要があります。クラウドへのレガ シーアプリケーションの移行にかかる時間が長くなるほど、全 体的な ROI は低下します。クラウド移行プロジェクトは、往々に して、予想以上に長くかかるものです。その場合は、既存のイン フラストラクチャの廃止にかかる時間が長くなるため、稼働中 の IT のコストが増加します。それと同時に、多くの場合は管理 が不十分な新しいクラウドリソースにより、全体的な IT 費用も 増加し始めます。 るものもありません。このような社内抗争にはさまざまなもの があります。クラウドの実行可能性に関して要職間で意見の相 違が生じることもあれば、クラウド導入の推進者がデータセン ター管理者と直接的に対立する立場にあることもあります。ク ラウド導入を実現するには、あらゆる分野の専門知識を取り入 れたコラボレーションが必要となるため、そのような状況では 進行が極めて困難となります。 セキュリティチームと開発チーム間での対立がある場合も、不 必要な軋轢が生じ、導入を鈍化させる不要な障害となります。 ハード面での削減 ソフト面での削減 • コンピューティング、ストレージ、ネットワーキ • 同じクラウドサービスを使用してソリューションを定義し、再定義す • ハードウェア および ソフトウェアの 購 入 • 開発者の生産性の向上 ング、およびセキュリティに対する費用の削減 (CapEx) の回避 • 運用コスト ( バックアップおよび DR/DC) の 削減 • 運用指向の担当者の削減 ることを可能にする、サービスおよびアプリケーションの再利用 • 顧客満足度の向上 • クラウドベースのリソースの使用に基づく授業員の意欲の改善 • 新たに生じる機会に応じてビジネスプロセスを迅速に変化させる 能力 • 世界規模への範囲の拡大 4 | THE DOPPLER | 2016 年秋号