The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2016 - Page 50

このアーキテクチャーでは、格納されたプロシージャーやトリガーなどの独自仕様のデータ ベース機能に対する依存性はほとんどなく、顧客の屋内やプライベートクラウドまたはパブ リッククラウドにデータベースを配置できます。IoT データは、リアルタイムでデータを収集お よび処理できるセンサーやデバイスから送信されます。例としては、クラウドにデータを送信 して戻す必要なく、温度計 (IoT デバイス) からの情報に関する重要な判断をデータ応答レイ ヤーで行うことを必要とする屋外温度データがあります。 RDA は超高性能 IoT システム向けのインメモリデータサービスなどの独自の機能を提供で きる専用データベースを使用します。これは、長期的な分析ワークロードを実現するためのも のであり、モデルには、さまざまなデータベースコンポーネントが存在する可能性があります。 データの永続性は必須です。OLTP データベースは、選んだテクノロジーに関係なく、抽象 化によりネットワークエッジにあるデータと論理的に結合されます。 物理 データベース OLTP 外部 デバイスの データ 分析 専用 図 2: RDA の物理データベースレイヤーは、 IoT システム向けのハイパフォーマンスなストレージを提供 論理データの 結合 仮想 データベース 物理 データベース OLTP 分析 外部 デバイスの データ 専用 図 3: 仮想データベースレイヤーは、物理データベースに対する変更を 強制することなく、データベース構造を変更する機能を提供 48 | THE DOPPLER | 2016 年秋号