The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2016 - Page 32

従来型のソフトウェア クラウドネイティブソフトウェア スケールアップ/垂直 スケールアウト/水平 モノリシック、密結合 分散型、疎結合、サービスベース ステートフルでサーバーに依存 ステートレスでサーバーに 依存しない ピーク時に備えて 容量を事前にプロビジョニング 最小限のプロビジョニング/ オンデマンドで容量を提供 ハードウェア依存型の 可用性機能/従来型のDR ソフトウェア管理型の可用性機能/ 継続的運用 ウォーターフォール型、 デリバリサイクルが長い、手動 リーン/アジャイル、 継続的デリバリ、自動化 開発と運用を明確に区別 DevOps/サービスオペレーション ポータビリティではなく、市場投入期間を重視 新しいソリューションを構築してビジネスを推進する際に、より重要となるのは市場投入期間 でしょうか。または、クラウドロックインの回避でしょうか。価格設定やその他の理由によりク ラウドを切り替える必要がある、理論上の将来的な事態を、顧客が重視していることは多々 あります。これは正しいアプローチではないため、多くのイノベーションプロジェクトにおいて 遅れが生じたり、市場に到達する前にキャンセルとなることさえもあります。 AWS、 Google、および Azure はいずれも優れたプラットフォームであり、市場投入期間の 劇的な短縮を実現するイノベーションサービスです。たとえば、 AWS Mobile Hub、 Google Firebase、 Azure App Service はいずれも、クラウドベースのバックエンドサービスに関連付 けられたクロスデバイスソリューションの提供を加速します。 クラウドのネイティブ機能を使用するその他の理由は、次のとおりです。 パフォーマンス - パブリッククラウドのネイティブ機能により、非ネイティブ機能を使用する 場合と比べてパフォーマンスの向上を実現できます。たとえば、自動スケーリング機能やロー ドバランシング機能と連携する I/O システムを処理できます。 効率性 - クラウドネイティブアプリケーションでのクラウドネイティブ機能および API の使 用により、基盤となるリソースをより効率的に使用できます。これは、パフォーマンスの向上や コスト削減につながります。 コスト - 一般的に、より効率的なアプリケーションでは、実行するためのコストが低くなりま す。クラウドプロバイダーは、消費したリソースの量に基づいて毎月の請求を行うため、少ない リソースで大きい成果を達成できれば、コストの削減につながります。 拡張性 - アプリケーションはネイティブクラウドインターフェイスに書き込むため、クラウドプ ラットフォームの自動スケーリング機能やロードバランシング機能に直接アクセスすることも できます。 30 | THE DOPPLER | 2016 年秋号