The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2016 - Page 24

業界固有のデータモデル / ワークフロー – 多くのオンプレミス EDW では、ベンダー固 有のデータモデルおよび特定の同業他社を対象とするワークフローが使用されています。こ れにより企業は、自社のニーズと一致する EDW を迅速に導入し、固有の状況に合わせて EDW をカスタマイズできます。基盤となるテクノロジーはそれぞれ異なるため、クラウドにお ける課題が生じる可能性があります。ユースケースを評価して、論理およびデータモデルをク ラウドベースの EDW に簡単に移行できるかどうか、または実装前にある程度の再開発が必 要となるかを判断する必要があります。 クラウド統合のための ETL ベンダーのサポート – 現在使用されているETLテクノロジー の多くは、クラウド機能が成長する前に確立されたものです。そのため、多くの ETL ベンダー は現在、ク $\ w[ ߎ+ # 7  [ g / + K*g / 3 3 K>[ +"w_g Rg /#kgQ0+ KW_w3Rg /Ƈ /  'g  ;  K ׎w#g ,+  // K"Z_gώ # +>CoW 3 / ׎w#g K뢪7g /3 ++g 'nӎ K*# /ZO7  [  ' ǖB# KWg /S+r'n+ӖB#  +g+.WcgώZ/f"zCjxLk?\_#W cꛎ"zC+ ..ע{ G? g k+VÖj+ +ϖ"zCj K7  [3g / K g#g  ' K  $\+3g /&7"zC K3_  '_C + #ώ  $\_#W + # + ׎w#W 3 /{"zCnӚZÎ3 / ' Kc"g /+3 +g)]LNB4+)NB4)ɔNB4+c ߎ(+ # I͡Ё EՕɔME0+.WWZ, Ցɵѥ嵕)5ȁ嵕)M٥+ ώώS# ώ + ώ  ȁ єYՅ5+  ' + ώ :hYA;ɕ) Ё%ѕɍӎYA8ɕIї) ՐYA8+ÖH5)1ɹ51ɹ5)1ɹ)50MՑ+#Ⳗ"z@5)1ɹAɕѥA$51ɹ) '"zC+ #+ ߎs$EեMЃ ׎'G ()ͽӎ)5ɽMɅѕ)QԤAݕȁ $+ B5K!!!+ gώ#B1 Րչѥ́չѥ+ .T-ͥώ)фAAՈMՋ)ч ܁MM%L+ǹ̀胎  '_C \ ; (ȁQ!=AA1H؃Ӟ/>