The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2016 - Page 15

ます。ただし、特定のテクノロジーに偏らないトレーニングを探 している場合は、ここから始めると良いでしょう。クラウドコン ピューティングの推進を始めたばかりで、基礎をカバーすること により、特定のテクノロジーのスキルを超えるレベルに進もうと 考えているクラウド開発者やクラウド管理者には、この認定を お勧めします。 MCSE: Private Cloud: これは、 Windows Server および System Center に重点を置いた認定資格であり、マイクロソフ ト認定ソリューションアソシエイト (MCSA) 認定資格をすでに 取得している人材のみを対象として公開されています。自身の キャリアを進めるうえで Microsoft テクノロジー (Azure を含 む ) を使用する場合は、ここから始めると良いでしょう。この認 定資格は、 Microsoft が提供しているクラウドラベル付きの唯 一の認定資格です。 MCSD: Azureソリューションアーキテクト/ ソリューショ ンデベロッパー : Azure 認定資格を受け、 Microsoft Azure スペシャリストになると、 Azureソリューションの設計、開発、お よび管理のあらゆる範囲をカバーする専門知識に関する、プロ フェッショナルとしての認識を得ることができます。 ることにより、選択したソリューション分野における継続的な能 力を示すことが必要となります。 Google Cloud Platform Developer Credential: Google は最近、自社の認定資格を Credential に変更しまし た。以前の Google Certified Developer Certificationでは、 5 つの別個の試験を受けて合格する必要があり、認定資格を 取得する難易度が高くなっていました。また、その対象に含ま れる資料も多くなっていました。新しい Google Cloud Plat- form Developer Credential では、 3 つの重点分野の中で 1 つの試験に合格する必要があります。試験に含まれているの は、 Google Cloud Platform Qualified Solutions Devel- oper、 Google Cloud Platform Qualified Data Analyst、お よ び Google Cloud Platform Qualified Systems Opera- tions Professional です。各試験は 90 分です。 クラウド向けのトレーニングリソース これらの認定資格のためのトレーニングを受けるために、教室 でのトレーニングや養成所は必要ありません。認定資格のため に必要なすべての学習資料は、オンラインで入手できます。最 も有名なオンライン専用コースプロバイダーのうち 2 つは、次の Microsoft Azure ソリューションの開発 - 70-532 とおりです。 Microsoft Azure インフラストラクチャソリューションの 実装 - 70-533 Cloud Academy: このオンライン専用の学習サイトは、 AWS と非 AWS 指向の両方のオンライントレーニングを提供してい Microsoft Azure ソリューションの設計 - 70-534 までの題材に関する基本的なクラウドコースだけではなく、上 * これらの試験のすべてに合格することにより、 MCSD: Azure ソリューションアーキテクト認定資格を取得できます。 ** これらの試験のいずれかに合格することにより 8898*N8*8:8+Ю89^888+898+~8:>8:8+88Z鮋8~j 8).Xn[~8~8888 8>854BZ鮋8~j 8~88"[N8N88XhފZ鮊n>8).X~8888.8>8(888F6W"88(8V7F68FWd28{>8(8888n8u2Z鮋8~j Y 88888:8;888;>8+8Y 88(8n8@888$6VB6FVמ888*8:8*n888YzH888n8*888:8+8;YiȐ8Zn{.8).Kz8~8XJ8(88:8+8;8+8~88 ǖF6Ӣ8>8iȞY88+>8;8+8*n8*~8*.8+^8*N8888[8[^[>8@z8888:8;888;>8+8).hK8~8n8N888.8*8:8*n888+>8;>89N8:^8;88n8*0#b[NzxXrDRDU"