The Doppler Quarterly (日本語) 秋 2016 - Page 11

金融サービス (FS) 業界にリスクを避け ようとする考え方があることは、よく知 られています。セキュリティ侵害や規制 上の複 雑な制限についての懸念が常 にあるため、この業界は新しいテクノロ ジーの導入に対して積極的ではなく、デ ジタルの世界において進化し続けてい る革新的な飛躍に後れを取っています。 しかし、高い競争力を維持するために 組織が奮闘する中で、この状況がつい ました。同社は CTP と連携して概念実 証 (POC) を実施することにより、自社 のニーズを満たすために、 AWS が期待 どおりのメリットを提供できるかどうか 確認しました。POC の成果は、議論す る余地のないものでした。Natixis は、 いくつかのサンプルアプリケーションを 実行して、その速度や、セントラル IT で の待機を生じることなく変更を行う追 加機能を認識しました。それにより、市 に変わり始めています。 場投入への時間短縮、アジリティ、およ 枠組みの変化 がる価値があることも即座に理解しまし 昨年、金融サービス業界でのクラウド導 入における AWS の広告塔である Cap- びターンアラウンドタイムの向上につな た。 規範的アプローチ ital One は、 「AWS re:Invent 2015」 で 自社のクラウド推進に関するプレゼン 初期の POC に引き続き、 Natixis は本 テーションを行いました。その結果、同 番ワークロードの全面的な移行に着手 業各社もクラウド導入の検討を始めてい しました。その際、 Natixis は CTP と協 ます。 力して、クラウドのネットワーキング、セ IT のコンシューマライゼーションに向け た大きな変化だけではなく、企業間で のパブリッククラウド導入の拡大をきっ かけとして、金融サービス企業は、 IT 運 用への従来のアプローチについて再考 しています。かつてデータセンターの維 持に割り当てられていた金融サービス 企業の IT 予算の大部分は、今ではイノ ベーションに重点が置かれるように変わ りつつあり、ビジネスアジリティの向上 を目標として割り当て直され、顧客に価 値を提供しています。 業界の先駆者 Natixis Global Asset Management は、世界最大の資産管理会社の 1 つで す。増えつつある数多くの金融サービス 先駆者の中で、従来の IT 運用を変革 することにより、ビジネスアジリティの 向上、コストの効率化、およびビジネス ニーズと IT 機能の整合性強化を実現し ています。 2015 年の初め、 Natixis はデータセン ターを移行するプロセスの最中にあり、 可能性のある選択肢としてパブリック クラウドについて評価しようと考えてい キュリティ、および運用管理のすべての 要素が AWS 上で満たされることを確認 しました。CTP のクラウド導入プログラ ム (CAP) に従い、チームは6か月のコー スで緊密に作業しました。それにより、 総所有コスト (TCO) 評価の実施、すべ ての法的要件および技術的要件の特 定、必要なアカウント構造の策定、ネッ トワーク接続の確立、実用最小限のク ラウド (MVC) の構築、監視および運用 上の懸念事項への対処を実現しました。 彼らは、複数の AWS サービス (VPC、 EC2、 S3、 Gl acier、 C loudWatch、 SQS、 CloudTrail を含む ) を最大限に 活用するものとなる本番環境を確立す る前に、これらすべてを行いました。 CTP は Natixis の セ キュリティ/ 法 務 / コンプライアンス担当者と連携し て、 AWS 本 番 環 境へのアクセスが 適 切に保護されていること、適切なデー タガバナンス機構が配備されているこ と、さらには、規制要 件を満たすため にアクティビティの完全なトレーサビリ ティが実現されていることを確認しまし た。CloudTrail、 CloudWatch、 VPC Flowlogs などの AWS サービスや、 VPC セキュリティグループ/ACL、およびその 他のサードパーティセキュリティ/ 検査 2016 年秋号 | THE DOPPLER | 9