The Doppler Quarterly (日本語) 春 2018 - Page 24

イネーブラー #5 - 可視性、継続的プロセス、および 品質に対する強力なガバナンス イネーブラー #6 - クラウドの主要業績評価指標 (KPI) 移行計画を実行するにあたっては、移行プロジェクトのすべ 資産をクラウドに移行したら、移行先のプラットフォームとアプ ての不確定要素に対処しなければならず、詳細な移行計画、 リケーションのさまざまな側面を継続的に追跡するための、包 チェックリスト、および自動化に加え、移行タスクのスムーズな 括的なガバナンスと監視のプラットフォームが必要になります。 実行に欠かせない、効果的な指示が必要です。 多くの企業は、データセンターでこうした側面を制御してきまし 移行を進めるには、大部分のタスクとシナリオのランブックが 存在し、関係するすべてのスタッフがどのシナリオで何をすべ きなのかが正確に把握できる、ファクトリおよび NOC のような アプローチが必要です。また、移行の実行状況を監視するため の確立されたガバナンスプロセスも必要です。 ファクトリアプローチでは、特定のパターンにワークベンチ ( す べてのツールとスキルを含む自己完結型のグループ ) を割り当 てることができます。ワークベンチの概念は、必要に応じて移 行作業の速度を向上させるために追加でワークベンチが導入 されるスケーリングでも役に立ちます。ただし、複数のワーク ベンチを導入すると、ガバナンスとトラッキングの点で ( ファクト リのすべての部分が最適なレベルで動作するようにしなけれ ばならないという ) さらなる課題が提起されます。 た。しかし、クラウドプラットフォームは、マルチテナンシー、規 模、インフラストラクチャレイヤーに対する可視性 / きめ細か い制御の欠如といったさまざまな要因により、同じツールセット とプロセスを使用できない可能性があるという固有の課題をも たらします。 アプリケーションがクラウドにあるときは、一般的なインフラス トラクチャとアプリケーションの監視およびログ収集ソリュー ションを導入するだけでなく、その他のエレメントを監視する 必要があります。お客様の一貫したニーズの例としては、コスト 管理、ポスチャー、コンプライアンスなどが挙げられます。環境 を監視するには、クラウドプラットフォームで別のツールとプロ セスを使用する必要があります。CTP では、移行先のプラット フォームを効率的に監視するために、クラウドに固有の KPI を 定義することをお勧めしています。 テンプレート と データモデル マネージド クラウドの 制御 移行 オペレーション センター CTP Application Migration Framewor (5+  '+O 7 +7cG+ ώ ώ +7"R>+G ώ+   #+3#R+[_ώ ++.W2X+ǹ Q@ ՐѥAɽɅ5(ȁQ!=AA1HӚb>