The Doppler Quarterly (日本語) 春 2018 - Page 10

実用最小限のクラウドの構築 CTP は VMDB と連携し、コアとなるインフラストラクチャ、セ キュリティ、運用、および自動化コンポーネントを処理する、完 全に自動化された MVC の環境を AWS 上に構築しました。こ の MVC は、複数のサードパーティのセキュリティ監査に合格 し、将来の開発のためのセキュアな環境となる AWS プラット 2 つ目の PoC では、グラフデータベースの使用についての検証 を行いました。たとえば同行では、不正行為に関するデータマ イニングを行いたいと考えた場合、グラフデータベースを構築し て顧客取引のグラフを作成し、不正なパターンを探ることがで きますが、顧客取引の数が増えると、従来のデータベースでは この種の分析を行うのが難しくなります。そこで CTP は、グラ フデータベース管理システムを使用して、ユーザー数 100 万人 フォームを確立しました。 でシステムのテストを実施しました。 また、このMVCの基本的なサービスにより、セキュリティ、コン また、それと並行して複数のシナリオをテストし、既存のデータ プライアンス、可用性、管理性、透明性、拡張性といった、新し いデータセンターを構築するときにも問題になるような、規制 の厳しい企業顧客のすべてのアプリケーションに共通する主な 懸念事項が解消されました。この MVC の実装では、 「高度な 保護」レベルのセキュリティの実現、広範なセキュリティと運用 の記録と監視、フルスタックのプロビジョニングと構成の自動 化、コスト管理、非常に動的な環境の管理を目的としたクラウ ド型の新しい運用モデルの構築など、一般的なデータセンター の枠を超えた機能を提供します。 新しいクラウドプラットフォームは、クラウド導入のアジリティ、 セキュリティ、管理性を最大限まで高めるための CTP、 AWS、 および業界のベストプラクティスをベースとしています。CTP は、 AWS 社が提供する広範なサービスのポートフォリオを活用 するとともに、 Trend Micro 社、 HashiCorp 社、 Sumo Logic 社、 Dome9 Security 社、 Chef 社、 Jenkins、 Atlassian 社、 JFrog 社、およびさまざまなオープンソースツールのテクノロ ジーを導入しました。 ウェアハウスの一部をクラウドに移行した場合と基礎から構築 した場合との比較を行いました。このテストでは、従来の環境 を構築するのに必要な時間の 4 分の 1 に相当する 4 週間でク ラウドへのデータの移行が完了しました。 最後に、 CTP は同行がデータとメタデータのフローを制御で きるかどうかをテストしました。EU の一般データ保護規則 (GDPR) などの新たな規制をはじめとする、あらゆる規制要件 に対応しなければならない同行では、データ処理パイプライン からメタデータを抽出し、技術メタデータのエンドツーエンドの ビューを作成できる必要があります。そこで CTP は、メタデー タ管理システムを使用して、データパイプライン全体からメタ データを収集するとともにデータ系列を把握し、影響分析を実 行するソリューションを作成しました。 スムーズな実行 PoC の終了後、 CTP と VMDB の顧客チームは、クラウドおよ びデータコンポーネントのビジネスケースを作成するという新た 分析に関する概念実証の実施 なプロジェクトで連携し、コスト分析を行ったうえで、最終的な 最初の一連の承認を得た時点で、 VMDB は CTP と自行の顧 ポートを作成しました。このプロジェクトは 2017 年 12 月に終了 客分析チームを連携させ、ビッグデータ環境に関連する 5 つの PoCを個別に実施しました。同行は、データ主導の銀行取引プ ラットフォームの価値を実証するために、数多くの使用可能な 分析ツールと分析モデルの評価に着手し、同行と CTP の合同 チームは、 PoC を実施して最も重要な分析機能と基礎となる 4 つの個別のユースケースの有効性を検証しました。 最も差し迫った PoC は、高度なテキストベースの分析を処理す る機能に関するものでした。VMDB は、機械学習モデルを構 築できることを証明する必要があったため、 Amazon S3 に保 存されているデータをベースとする「トピックモデル」を開発し ました。そして CTP は、このデータを取り込んで Latent Dir- ichlet Allocation (LDA) の静的モデルを使用し、どのようにド キュメントを複数のトピックに分類できるのかを示しました。 8 | THE DOPPLER | 2018 年春号 構築を正当化するためのリスク分析の結果を簡単にまとめたレ しましたが、 18 か月に及ぶ 3 つ目と最後のプロジェクトもスムー ズに進み、クラウドおよびデータ戦略が実行されました。 AWS 社は、複数段階のプロセスの中でアーキテクチャーを検 証し xx8xx8 HRx HS8 xx88xx8x xxBkxx8xxj8a8hg xexxjx8xjefBਸx88xऺ(c8a8oeg U9/c99/fxx8xjk B)!l8kਸ੸8j H8ସ88੸8 H88ਸ8 BPSx xxx88 HT H]H L HQ x8¸8x8x HY]8 Hۻ Y HYZ[8 H[Xx BP̸ HST H H8jjxc8`ࢸofx