The Doppler Quarterly (日本語) 春 2017 - Page 72

クラウドリーダーに なるには Robert Christiansen クラウドの採用で重要なのはリーダーシップ テクノロジーは非常にうまく機能し、 AWS、 Azure、 Google は独自の市場を持っています。し かし、企業にはクラウドのリーダーシップが存在しないようです。大規模な IT 組織に必要な 変革には人の問題が関わっています。彼らは、何をすべきか、どう変わるのか、どのような変 化が必要なのかがわかりません。状況は最悪です。ここで、前向きな考えの CIO が一斉に変 革のエバンジェリストとして自己改革に取り組みます。これは朗報です。クラウドリーダーがい ないのは明らかです。つまり、ノウハウがある人にとっては大きなチャンスです。 大変革はリーダーを育て上げます。彼らはチームに刺激とモチベーションを与えるコーチとな り、評判と資本へのリスクの低い暗闇を冒険するよう後押しします。価値を創出し、新しい市 場に影響を与えます。チームと自身に新しいキャリアを築きます。 しかし、ダグアウトを見るとベンチには人がいません。 最悪であり、かつチャンスをもたらす状況が、私たちに降りかかろうとしています。企業の IT 転換は、いまやローリスクハイリターンです。大規模な変更を行わず、ソリューションを活用 してプロセスを繰り返せます。ゲームで重要なのは学ぶことです。ゲームを率先する人がリー ダーになるのです。 リーダーシップで得られる次のチャンスを検討します。 短期間でイノベーションを実現するチャンピオン 一元管理される IT プロセスを進むビジネスユニットは重圧で苦しんでいます。しかし、選 択肢があります。彼らは、パブリッククラウドで安心を得ようとします。腕の立つクラウドリー ダーは、それが唯一の選択肢ではないことを知っており、その事実を受け入れます。あっとい う間にビジネスユニットに革新的なソリューションという贈り物をもたらし、贈り物は快く受け 入れられます。イノベーションのチャンピオンは、ビジネスユニットが安心してゲームに臨める フレームワークを構築します。 70 | THE DOPPLER | 2017 年春号