The Doppler Quarterly (日本語) 春 2017 - Page 70

クノロジー部門の観点から、この関与は理想的です。テクノロジー部門側では IoT で解決し ようとしているビジネスの課題を見通せる範囲に限りがあるからです。さらに、テクノロジー部 門は、ソリューションが成功したら製品の展開までの過程が明確になることがわかっていま す。これは、アジリティ、イノベーション、リスクへの挑戦を促進することに目を向け、チームメ ンバーの努力が報われるようにする文化に重要な意味を持ちます。 IoT の転換を管理する イノベーションリーダーは、 IoT がビジネスに何をもたらすのかを理解したい一方で、投資し た額が、実環境での展開に適さない高額で独自のプロトタイプに費やされていないかを確認 したいと考えます。これを効果的に行うには、エンタープライズ規模での IoT の有効化と展 開のフレームワークを構築する必要があります。これは、ビジネスディベロップメント、法務、 セールス、財務、運用、 IT 部門などのリーダーシップを考慮して関与し、各部門の連携を得る とともに各関係者が質問でき、自身のフィードバックを受け入れ条件と IoT の展開プロセス に組み込まれるようにすることを意味します。 たとえば、 IoT の展開は、資本と運用の両方の支出に対する必要性に応じて、法務と財務部 門に深刻な問題を与えかねません。たとえば、さまざまな国、データの収集と配布の規則、グ ローバルデータプライバシーコンプライアンス、展開にかかる人件費、その他多くの側面から の費用です。これにより、すぐ隣にいたチームが、どたんばでの英雄的な奮闘、または望まし いプロセスとは反対の代替手段の実践を強いるような要求や要件が書かれたリストを受け 取って驚き、約束された IoT ソリューションがたちまち軌道を外れるか遅延する可能性があ ります。フレームワーク作成プロセスの初期にこうした部門を参加させることで、早めに懸念 を協議し、全社的に採用する IoT プロジェクトの巨大な障壁となる前に緩和することができ ます。 法務と財務部門は最も影響力のある門番で、プロジェクトを成功させることも失敗させること もできるのは明らかなように見えます。しかし、テクノロジー部門はそれをしばしば忘れます。 IoT ソリューションの構築と移行のフレームワークを彼らが承認しても何も意外なことではあ りません。IoTイニシアチブその他のテクノロジープロジェクトと同じように多くの問題にぶつ かることがあっても、目新しさのおかげで IoT は優位に立てます。 PoC から展開へ IoT の有効化と展開フレームワークにビジネス部門が早くから頻繁に貢献してくれることはさ ておき、 PoC を実際に展開できるようにするのに必要な労力をテクノロジー企業がさらに削 減できるこ j8c9l9i&c`ࢸofx of H[8xx8xऺ`jyb!j)b-j88x8jhieneofx d8j8ࢸ xx¸x8yaxkfxnxic9/ ykxk888x xxx xx888x8joh¸ia8dj8ह.fxdj8c8icx yi)c8bࢸjxx88x8ਸykoz)xjc’[8k(c89yo-xc9c xjjࢸofx 9jk zggg z)y.ह 9b'xjko8fxdj8i H[n8kcࢹa8oसcxxibyc%icxofx `jyb!j[8xx8xj9/ ykxkx8888¸kxjj:hcxjz,c9.bcxjoz)xjjࢸofxc8 y.kxj8ࢸ ykyaj8jxx8xk.+xi’[8xx8c9':*#ex88ajjj:)/8ࢸkacyb!सfxd8jox8ofx k(c9c xjxx8हnykicxj8 xx88ki))(xj(ydylezeko*xहogxk`jyb!jBxह讹icx8ajjࢸofx HT M9nm9)yc