The Doppler Quarterly (日本語) 春 2017 - Page 60

最後に、経営者は、どの従業員または関係者を、いつ、どのアクティビティに参加させるかを 特定する必要があります。図 2 で、人を中心に考えたアクティビティの時期を、どのように 4 つ の個別の参加段階に割り当てるかを示します。 7. 評価と絞り込み 8. 設計と方向性の決定 9. 検証、学習、実証 - 実用最小限のクラウド (MVC) 10. 大規模な移行と全面的な運用 組織における変更管理のパフォーマンスカーブ 変更に対する従業員の反応 評価と絞り込み 設計と方向性の 決定 検証、学習、実証 - (MVC) 大規模な移行と 全面的な運用 経 営 陣 か らの 支 援を確実に得て、 影 響 を 受 ける 関 係 者 の グル ープ を特定する。チー ムと 組 織 の 変 更 管理の成熟度と準 備度を評価する。 最小限のクラウド プログラムの範囲 とクラウドプログ ラムの人員、プロ セス、およびテク ノロジ ー の 範 囲 を定義する。チー ム に 想 定した ク ラウドのメリット を 検 証 するた め の 準 備 を 進 めさ せる。 クラウドの範囲に関する定 義の課題を予測する。実際 のフィードバックに基づい てどのような抵抗があるの か を把 握するための準 備 を進める。小規模 S+$nӎ03> /L+3 ?/ +/  'L+j_ Îk H+pg /Z$nӎ+nˎ KK ' 3 /O K+g /ZÎ_ȃ3~+ZÎ_ ' 3ǎ H+pg / G_h$+nӎ Kˎ Vg ˎ#+/ώ Î+ #ϒRⷎ+ ׎O nˎ H+K / dhjR䃖Z+ K^j3+ЃW  +ZÎ+gkjRZ+̃W  +ǖB +ăW  +r"w"#+ȃW  +"Czs>+nG2X+f ZL+ǹ胖ON3Z ? ,Ѓצj8(Q!=AA1H܃Ӛb>