The Doppler Quarterly (日本語) 春 2017 - Page 40

サーバーレスはエンタープライズ規模 の企業にすぐに導入可能か Chett Rubenstein、 Ray Young その経済的な価値に気がつく企業が増えるにつれ、 サーバーレスコンピューティングの採用が勢いを増して います。 サーバーレスコンピューティング、より正確に言うと Functions as a Service (FaaS) は、非常 に魅力的な形態です。コンピューティングインスタンスを気にする必要がなくなるため、開発 者がコードロジックの組み立てに専念できます。 マイクロサービスとコンテナーの利用と同じく、エンタープライズ規模の企業顧客のほとんど が、このテクノロジーに慎重な姿勢です。CTP でも、 「このテクノロジーを採用して、本当に、 本番環境のアプリケーションに適用できるのか」 という質問をよく受けます。 Microsoft が 2016 年 の 12 月に Azure Functions の 一 般 提 供 を 開 始、また、今 年 の Google Cloud Next で発表されたように Google Cloud Functions が、プライベートアル ファ版からパブリックベータ版に更新されたことは注目に値します。とはいえ、 AWS Lambda が、 2015 年の 5 月から一般提供されているため、この記事は多くの AWS ユーザーに適して います。 スタートアップ企業の間でこのテクノロジーが利用されているのは間違いありません。わずか な予算でソリューションを運用するという観念は、独自のコンセプトで成果を出そうとしてい る段階の企業にとって魅力的です。実際にサーバーレスモデルでは、これまでのクラウドアー キテクチャーと比較すると費用を 5 分の 1 に削減できます。さらに、スタートアップ企業にとっ て常に重要なのはスピードです。シンプルなサーバーレスモデルでは、チームはインフラストラ クチャアーキテクチャーとコーディングのオーバーヘッドなしに、ソリューションを迅速 Z/f+7 / # +g+s;g4ԃV?0+ ώ _ 뢚?ZO ׎C Σn Kn / Î/ +g+ ׎C ώώS ώ Î K C +>r~W 3 /?/V?3 H+_g ӖFjV?3 +o O3 ׎C  ߎώ K#g /jl+s;g7ng(Q!=AA1H܃Ӛb>