The Doppler Quarterly (日本語) 春 2017 - Page 37

サーバーレスコンピューティングの 登場運用、セキュリティ、 経費の検討事項 Joey Jablonski 企業がクラウドで基本的なコンピュートとストレージ以外に活 用範囲を広げるにつれ、従来のインフラストラクチャ管理の オーバーヘッドなしで新しいアプリケーションを短期間で展開 できる能力として、サーバーレスコンピューティングがさらに注 サーバーレスとは奇妙な用語です。サーバーは常にあるので すから。しかし、図 1 で示すように、すべての大手クラウドプ ロバイダーが独自の特徴を持つサーバーレスを展開していま す。サーバーレスにより、下層のオペレーションシステムとハー 目されています。 ドウェ アの管理またはそれらとの直接の対話なしにアプリケー サーバーレスコンピューティングは、バックアップ管理のような の運用的なオーバーヘッドがなくなります。サーバーレスは、す 従来の管理機能から、データ処理、マイクロサービスの採用な どミッションクリティカルなニーズまで、さまざまな利用方法と して採用されています。 ションコードを展開でき、パッチ適用、監視、インシデント対応 べてをコードとして扱うという目標までの距離を一気に縮め、 展開とオペレーションの完全自動化を推進します。 初期リリース (現状) 注目すべき機能 AWS Lambda プレビュー版: 2014年11月 (GA版: 2015年5月) 1 秒未満での メータリング Google Functions プレビュー版: 2016年2月 (現在もアルファ版) Cloud Pub/Sub の トリガー Azure Functions プレビュー版: 2016年3月 (GA版: 2016年12月) オープンソースの ランタイム、 WebJobs SDK 図 1: サーバーレスプラットフォームの比較 2017 年春号 | THE DOPPLER | 35