The Doppler Quarterly (日本語) 春 2017 - Page 20

データ移行の方法を特定 ターゲットとなるクラウドプラットフォームとデータベースを選択したら、データ移行の方法を 選択する必要があります。この選択への最も重要な質問は、 「カットオーバー時のダウンタイ ムの長さはどれくらいか」 ということです。これについては、クラウドベンダーとサードパーティ の両方が、活用できるソリューションを可用性に応じて提供しています。 • 低度のダウンタイム耐性 - Attunity のようなベンダーが提供するツールでは、複数の データベースの同期を維持しながらデータレプリケーションを促進でき、最小のダウンタ イムが常に求められる環境で短期間のアプリケーションカットオーバーが可能です。 • 中度のダウンタイム耐性 - 耐性がやや高い環境では、クラウドプラットフォームベン ダーが独自のツールを提供してスキーマ変換とデータ移行の両方を促進できるようにし ています。AWS は Database Migration Service を、 Microsoft は Assessment and Planning Toolkit と SQL Server Migration Assistant を提供しています。 • 高度のダウンタイム耐性 - AWS が提供する Snowball を使用すると、高レイテンシが 許容される環境で、企業のアップストリームの帯域幅をきわめて大量に消費する大容量 データをスムーズに転送させることができます。 リハーサル 多数の業務システムで高レベルの可用性が要件となっている場合、カットオーバーは容易で はありません。とりわけデータベースが多くのソースから入力を受け付け、データを外部にエ クスポートしているような複雑な環境では、移行を成功させるためにテストが重要になりま す。本番移行に先立ってリハーサルを実施することで、スタッフがチェックリストとスキルの妥 当性を確認できます。さらに重要なのは、移行が失敗した場合のロールバック手順をテストで きることです。こうしたリハーサルにより、カットオーバーに向けて一斉に実行しなければなら ないアプリケーション、インフラストラクチャ、セキュリティ、データベースオペレーションなど のさまざまな局面で、チーム全体が落ち着いて移行に取り組めるようになります。 リハーサルは一度きりのイベントではありません。少なくとも、移行するアプリケーションと データベースごとに 1 回は実施すべきですが、適切なプロセスとロールバック手順を確立する ために適度な回数で実施します。 アプリケーションの移行 データベースの最終カットオーバーは、全工程で最も重圧のかかる期間です。ビジネスへの 影響を抑えられる時間に実施します。また、新しい環境を適切にテストした後にビジネスユー ザーがシステムの利用を開始できるように十分に時間を設けます。 支援体制を整備し、開発者、 DBA、ビジネスユーザーからの連絡を受け付けるようにします。 こうした人たちが、構成ミスを特定したり、新しいプラットフォームのオペレーション支援を依 頼したりする可能性があるからです。 18 | THE DOPPLER | 2017 年春号