The Doppler Quarterly (日本語) 春 2017 - Page 18

移行の理由を特定 データベース移行のプロジェクトを開始するときには、企業にとっての移行の主要な理由とそ の優先順位を特定することが重要です。これにより、企業は、後のフェーズで、ターゲットクラ ウドプラットフォーム、ターゲットデータベース、移行を促進するのに必要なツールなどの選 択方法について、共通の言葉で対話できるようになります。企業が代替データベースへの移 行に目を向ける最も一般的な理由は次のとおりです。 • コスト節減 - いずれの IT 組織とも同様に、予算の縮小が続くとコスト節減が重要になり ます。ライセンスとサポート契約にかかる多額の費用が評価の対象になることがよくあり ます。Oracle データベースの廃止は、移行費用を考慮しても大企業に数百万ドルの節減 をもたらします。 • ベンダーロックインの回避 - 今日の新しいアプリケーションの多くは、ベンダーの方向 転換や市場への新規参入があると、データベースやその他のコンポーネントのリプレース を容易にするツールと設計方法を使用して展開されます。 • クラウドファーストの考え方の採用 - 企業が、きわめて資本集約的な IT 資産の廃止 に目を向けるにつれ、クラウドファーストの考え方が採用され、コスト効率が高く柔軟な プラットフォームへのワークロードの移行が進みます。 • アプリケーションチームのアジリティ - アプリケーションチームは、テスト環境の展開 と本番環境への更新を長期のリードタイムなしに短期間で行える高い柔軟性を引き続き 求められます。 こうしたタイプの複雑で人が絡む、 IT インフラストラクチャへの変更に対しては、必然的に企 業全体で反対意見が生じます。ビジネスユーザーにとって企業が機能的に同等であることに 重点を置き、ソース環境にある機能をターゲット環境の機能にマッピングすることは避け ます。 ターゲットとなるアプリケーションを特定 新しいデータベースプラットフォームに移行するターゲットアプリケーションを特定するときに 重要なのは、以前特定した目標、およびビジネスオペレーションへの移行に関するリスクに対 して、移行で得られる恩恵を評価することです。図 2 で、 Oracle から代替データベースへの 移行時に考慮する、共通の設計パターン、およびアプリケーションの各カテゴリに関連するリ スクを示します。 移行するターゲットアプリケーションを特定するその他の要素は、移行に複雑さを伴い、移 行プロセスにおいて改修を要する可能性のある、現行の設計パターンと機能を特定すること です。これは、複雑な環境では多くの要素にわたります。明確にすべき最も一般的な要素は 次のとおりです。 • データベースでのビジネスロジック - トリガーとストアドプロシージャのようにデータ ベースレイヤーでビジネスロジックを維持するのは多くの企業で一般的です。低リスクの 移行と長期のアプリケーションアーキテクチャーの向上を促進するには、このロジックを アプリケーション層に移動すべきです。 • データベースレプリケーション - クラウドでは、オンプレミスでのデータ保護の方法と は構造的に異なるさまざまな新しい方法でデータ整合性とサービス可用性を実現できま す。クラウド移行を進める企業は、データ保護の方法を確認し、プロセスとツールの両方 を修正して、クラウドに展開されたアプリケーションで適切なレベルの可用性を確保する 必要があります。 16 | THE DOPPLER | 2017 年春号