The Doppler Quarterly (日本語) 春 2017 - Page 16

Oracleからの 脱出計画を立てるには Joey Jablonski Oracle の価格改定により、多くのユーザーが新しいプ ロバイダーへのデータベースの移行を検討しています。 クラウドで Oracle データベースを稼働させる費用が 2 倍になるという最近のニュースをきっ かけに、多くの企業が代替のデータベースを検討しています。データベースは多くのアプリ ケーションの基盤となっており、パフォーマンスチューニング、モデリング、その他の最適化に 何年も費やされています。アプリケーションの応答時間の短縮を可能にしている重要なコン ポーネントです。この長期の投資を考え自社構築とサードパーティのアプリケーションを支え るデータベースの変更を躊躇する企業が少なくありません。IT の変更にはリスクがつきもの ですが、データベースの移行は、データ整合性、アプリケーションの可用性、パフォーマンス を、ピークレベルのユーザー満足度を維持しながら安全かつ確実に行えます。 Oracle データベースを廃止するためのデータベースの移行に着手するときには、目標におけ る組織的な連携、テクノロジーの選択、移行手段を確実にする、事前の計画が重要です。こ うした連携をプロセスの初期で達成すると、移行を統一できるとともに、低リスクの移行に向 けた適切な計画とテストを実施できます。図 1 では、データベース移行の構成、意思決定、計 画、実行に必要なステップをおおまかに示しています。これらのステップは、パブリッククラウ ドプラットフォームへのアプリケーションの移行と同時に、データ g _#W $+nӎ Knj_g+3BRǎ H+&疺h+  ˎ + / _+ ǎ ߎ+ K&疺h+  ˎ + / + '_ +W + +ώ +g H+&疺h+? ׎+ 3+ZW K&疺h+ǹ胎 g 3_ ($(ЁQ!=AA1H܃Ӛb>+ _ ǎ+ ߎώ