The Doppler Quarterly (日本語) 春 2017 - Page 12

ハイブリッドクラウドを管理する 5つの基本事項 David Linthicum ハイブリッドクラウド管理は科学とい うより芸術です。しかも、その複雑さ は徐々に拡大していくようです。これ は、ハイブリッドクラウド管理へのア プローチにも進化が必要なことを意 味します。 クラウドコンピューティングを利用するなら、環境の一部として 何らかのハイブリッドクラウドを活用する可能性が高くなりま す。最近まで、ハイブリッドと言えば、 OpenStack と Amazon Web Services など、プライベートクラウドとパブリッククラウド の組み合わせを指しました。今日では、 「ハイブリッド」 という用 語は一般的に、 1 つ以上のパブリッククラウド、 (2 つ以上のパブ リッククラウドのインターフェイスとなる ) 1 つのプライベートク ラウド、またはそれらを組み合わせた、レガシーつまり従来型 のシステムを意味します。 世の中は急速に複雑さを増しています。企業は、セキュリティ、 ガバナンス、管理への最適なアプローチを探す中で、 1 つのアプ ローチまたはツールのみではすべての問題を解決できないこと に気がつき始めています。そのため、企業の IT ショップが 1 つ または複数のハイブリッドクラウドを持つ可能性がある場合、 企業ではその管理にどのように取り組むべきでしょうか。 最初のステップは、基本を理解することです。基本を定義する 目的は、単に今後利用するツールとテクノロジーを選別するこ とではありません。ほとんどの IT 運用管理者はハイブリッドク ラウド管理を簡単にするツール固有の要件を理解せず、そうし たツールへの着目点を間違っています。つまりアプローチとツー ル選択の両方を誤って解釈しています。ハイブリッドクラウド 管理のアプローチに影響を与える、セキュリティ、データ、ガバ 10 | THE DOPPLER | 2017 年春号 ナンス、エンドユーザーダイナミクスを理解する必要があり ます。 ハイブリッドクラウド管理プラットフォームに着手する前に理解 しなければならない 5 つの概念を説明します。 1. 何を管理しているのかを把握する これは、何より先に把握すべき重要なことのように見えます。し かし、ハイブリッドクラウド管理の戦略を定義する人の多くは、 パブリッククラウドとプライベートクラウドで稼働するワーク ロードのプロファイルを把握していません。アプリケーションの 役割、たとえば、ユーザーとのやりとりやデータ管理をどのよう に行い、ネットワーク、セキュリティパターン、パフォーマンスな どをどのように処理しているかを把握する必要があります。 把握すべき事項を具体的に挙げます。 • 組織内でワークロードを所有しているのは誰ですか。また、 障害発生時に連絡を受ける必要があるのは誰ですか。 • ビジネスにおけるワークロードの役割は何ですか。ビジネス に与える重要度ごとに考える必要があります。ハイブリッド クラウド上のワークロード管理に費やすリソース数を基に把 握します。リソース数はそれらがビジネスにもたらす価値に 沿ったものでなければなりません。 • ワークロードの稼働時間帯はいつですか。継続的に稼働す るワークロードもあれば、毎日同じ時間帯に稼働するワーク ロードもあるでしょう。ここでも、ハイブリッドクラウドでの ワークロード管理にどのように取り組むかを基に把握し ます。 • ワークロードはどの環境で稼働しますか。パブリッククラウ ド、プライベートクラウド、またはその両方ですか。