The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2018 - Page 73

まとめ 多数のアプリケーションを移行する場合、シーケンスを注意深く設定した計画が 必要です。目標評価と分析を行い、クライアント固有の差分や要件を考慮し、複 雑な環境にメソッドを適用できます。ルールとスコアリングメカニズムのロジック がクライアントごとに異なる可能性があるため、事前にこのメカニズムを定義する ことが重要です。これにより一貫したルールセットを適用できます。言うまでもな く、移行ジャーニーに進める際には適切な調整が必要になることがあります。 結論として、システム化された分析アプローチを使用すると、移行プロジェクトに 対して内容を確認して柔軟に調整できるので、より大きな成功につながります。 この c/ ɬg(Ӗ?>܁Q!=AA1H