The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2018 - Page 57

クラウドの調子はどうか ? 計画に従ってパフォーマンスが達成されているか ? 予測どおり迅 速に組織に対する価値が生み出されているか ? クラウドにそれほど慣れていない場合、まさ にこれらのことを自問してはみるものの、答えが見つからないのではないでしょうか。 クラウドユーザーが遭遇する問題は、専用データセンター環境よりも整合性、予見性、または 信頼性で劣っている共有リソースモデルでクラウドが運用されているということです。クラウ ドでは、管理、モデル化、測定のすべてが困難です。 「インスタンスなど」のパフォーマンスは 大きく変わることがあり、現在の「パフォーマンス管理」 ツールは使用 ( 消費測定基準 ) に注 目するだけで、クラウドサービスのパフォーマンススループット ( 結果測定基準 ) を正確に測 定するように設定できません。 こうした問題に対処するために、業界は継続的テスト/ 継続的最適化のクラウド運用への統 合に重点を置く新たな管理モデルの採用を開始しています。このモデルは、個別のコンポー ネントに結び付けられている測定基準にはあまり重点を置かず、クラウドが実現するサービ ス品質 ( 整合性、予見性、信頼性 ) に重点を置いています。 ツールはすぐに対応できない 新しいサービス品質 (QoS) モデルを詳しく見る前に、クラウド管理ツールが、現在の迅速な クラウド導入で必要な要求にすぐに対応できない理由を考えてみましょう。 まず、従来型ツールでは IT リソースを所有していることを想定しています。このツールにより、 データセンターで実行したような個別のコンポーネント、ネットワーク、ストレージ、コンピュー トリソースを管理できます。しかし、これらの従来型ツールでは、クラウドがレガシーデータ センターとどれほど異なっているのか、個別の部分を単に足し合わせたものではなく統合 サービスがどのように成立するのかが考慮されていません。クラウドには世界のあらゆるパ ワーと容量を収めることができます。しかし、共有マルチテナントサービスとして、何らかの理 由で、夜間に適切なリソースが利用できない場合、クラウドが実現するパフォー {ώ '.T+_ _ ǎ ߎώ  { k ώ Ǧ~_g+3Ov ?  /3 Î ώ'4+ KR_  ' KB_ /ӖB#  +' ώώw7ώ#  3>R4+ KBg /Gk?f ZO K _g  +' ׎O 3GW {ώ *o K>Co7ӖB#>R?Fώ3(Ӗ?>܁Q!=AA1H