The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2018 - Page 53

クラウド環境がさらに複雑になるにしたがって、 MSP は現在と将来のユーザーの期待に応えるため、 最適な組み合わせのサービスを完全なハイブリッドクラウド モデルで提供する必要があります。 企業が将来の IT ニーズに向けて計画を策定する際には、クラウドを前面かつ中心に据える、 というトレンドがはっきりと現れています。Gartner 社によると、世界全体のパブリッククラウ ドサービスマーケットは、 2017 年の 1,535 億ドルから 2018 年に 21% 拡大し、 1,864 億ドルに 達すると予測されています。売上高の最大を占める部分が、パブリッククラウドになるとみら れます。 これらの企業においてまだ把握できていないことは、クラウドに重点を置いた新しい環境を 管理するために選択すべき方法です。自社で管理する企業もあれば、クオンタムシフトにより 生まれた複雑な状況を特定のクラウド環境へナビゲートできるように、専門の人材をそろえた 管理対象サービスプロバイダー (MSP) に任せる企業もあります。第 3 のグループは、広範な ミッションに重点を置く管理対象サービスプロバイダーと連携し、プライベートクラウドや 1 つ または複数のパブリッククラウド、データセンターのリソースを含むハイブリッド環境の管理 に取り組もうとしています。 状況は企業の決定にどれほど影響しているのでしょうか ? 少なくとも、適切なクラウド管理方 針と適切な組織をマッチングすれば、とかくストレスが多い IT の変革から生じる混乱は抑え られます。多くの場合、適切なマッチングを見つけると、組織の継続的な成功を達成するため に大きな役割を果たします。 管理オプションについて説明 _  'B?w떺kg /҃ KWg /&7+Zw { # +fRg /V?3 K‡6c뢪7__ +/R _* S  ' ώ_ώ ߎώ?/O3 /+B#  + #ώ ׎_  ϞB>;n+ KRg.g 3*oǦ~3R`+g+   _* G[  ' _ ǎ ߎώ K3g /RJƄ+c~33 +g "  k_  '3/'W 3 /ӖB#RJ +3‡6c 7g(Ӗ?>܁Q!=AA1H