The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2018 - Page 48

このコンセプトで強調しているのは、サイロの外側の作業を認識し、理解すること、プロジェ クトの範囲を広げること、最終結果に完全な説明責任があること、迅速に価値を実現する上 でのあらゆる人工的な障害を除去するよう作業すること、などを個人に要求することです。こ れらの事項それ自体は、あらゆる組織に大きな付加価値を生み出します。1 人のフルスタッ ク開発者がそれほどの価値を生み出せるとしたら、 10、 20、 100 人と雇ったらどうでしょう ? さ らに、それらの開発者がフルスタックチームを組んだらどうでしょう ? しかし、フルスタック チームとは、フルスタック開発者で構成されるチームなのでしょうか ? いいえ、そうではあり ません。フルスタックチームは、フルスタック開発者のチームではありません。 日常のあらゆるものがソフトウェア中心に考えられていますが、それ以外にも多くの領域が あり、製品をリリースするための対応を必要としています。これらに含まれるのは、ビジネス分 析、テスト、製品管理、利害関係者対応、コミュニケーションなどです。フルスタックチームが フルスタック開発者アプローチから取り入れたものは、摩擦なしで、自己完結した、価値を生 み出すユニットとして機能するという考え方です。真のフルスタックチームの特徴を 5 つ示し ます。 1 2 1. 自己完結 4. 説明責任 2. 権限の付与 5. 価値の創出 3. アジャイル 自己完結 フルスタック開発者と同様に、フルスタックチームは、プロジェクトや業務のすべての側面に 対応する必要があります。これは、ビジネス分析からアーキテクチャー設計、ネットワーキン グ、データベース、ソフトウェア、テスト、ドキュメント、知識トランスファーなど、すべてのレ ベルにおけるソリューションの実際の導入までを含んだすべてをカバーします。フルスタック チームには、 1 人または複数のフルスタック開発者がいる場合があります。キーポイントは、 チームが自律的である必要があり、必要な結果を実現するための適切なスキルと適切なツー ルが必要であるということです。 権限の付与 フルスタックチームには、適切な意思決定を実行する権限を与える必要があります。しかも、 その権限はトップから付与されなければなりません。これがきわめて重要です。チームが行 う意志決定は、機能の実装から、アーキテクチャー設計、製品のリリース方法にいたるまで多 岐にわたります。チームには、取り組む内容、時期、方法について優先度を設定する権限が必 要です。常に他の部署に承認をもらいに行かなければならない場合、そのチームは権限を付 与されているとは言えず、プロセスは不要な障害でいっぱいになります。そのうえ、チームが 独自に意思決定できない場合、他者の行った決定に対して説明責任を負えません。 46 | THE DOPPLER | 2018 年夏号