The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2018 - Page 45

リティを生み出し、処理時間を短縮し、人的要因による中断を した。意志決定について評価と見直しを継続し、必要に応じて 取り除くために自動化を導入する機会を見出しました。もう 1 つ 新しいサービスを提示します。これは、システムを継続的に改 は、組織内のすべての事業分野をサポートする、全社規模の 善する保守的アプローチですが、このイニシアチブの主要業績 データ移行です。 評価指標である、運用上の障害をはるかに低く抑えることがで 最初の移行をスムーズかつタイムリーに実行し、そしてエコシス テムのパワーを誇示するために、部門全体でアプリケーション スタックを移動しました。部門のインベントリを調査し、クラウ ドにアプリケーションのアーキテクチャーを直接に再構築しま した。AWS に強く依存したまますべてを構築して、将来別の プロバイダーに移行不能になってしまう懸念を避け、活用した オープンソーススタックを分離できたことは、クラウド戦略にお ける重要なポイントになりました。 きます。 まとめ クラウドへの移行は、依然として継続的なプロセスですが、 データセンターの移行だけでなく、耐障害性のあるインフラス トラクチャの構築でも成功を収めました。システムは、特定の 物理的な場所に制限することなく、安定性、耐障害性、および スケーラビリティが向上しています ( 地理的な多様性は将来の 社内 IT レジリエンス標準のキーエレメントです )。リスクを低 また、部門間でデータを移動するリスクを低減するためにも、 減し、適切な場合に人的要因の見過ごしを解消し、全体的なコ クラウドを使用しました  '3g / ߎ < # K_g +3g+b;3  'W 3r Kc"7_ w#W +    W KRZ_^W C+Bێ K;o__ V3f ZO34+W  / _ *:2[ Kˎg /O+7 K7^{  #ώ Kg>[W K3_g+Bf ZOⳖk~[3  ώ#g+#r_˦0)ɝ5ɽѥ?9ѥ́%ٕѵЁ5̃+ϖn.O  [C _ ώ#+ #Ϛ*Oʳ+g O 3̃ ߎ ăc/g 3kc/+  '3]Lgkj/RP+333# K>_G / ;g ߎώ  +b;_g)9ѥ͕́Ё5Ѓ{ W   +Sⷎ_#r_ ώ / ώ Ò+˦3s\z/S +ϖn{+ #ώ  K# ,+_ #Î [.W2[g /ZÎ_W Z*Wk6cO>_ ׎O K>Co_g B0+ KZ/_ȃӎ K3;_ ׎O KZÎ_JÖ3_[V3rRBkă_wrÒ7 K랮/\+g 3:ˎK -ɅAљ Սѥ@+z/w#W  /$N˖ KkcB3Z*W+ێn㢮䀼V?W '/*Wێ # /> ӎ(̃Ӓ+33;_>r+&B ώ +v7 K?_+ Og +' K  '+3__+˦3瞮/  /R7"  +BZg /vZÞj  >Co>[ + Og+O' ώ#ă>@l Hnj_g 9ѥ)ɥѥ0@&疺knj[  g kcf2˚*W+k #O B9ѥ́%ٕѵЁ5̃+"_k/ ' 'C ێ ׎O K>Co_g 9ѥ́ɥѥ)0@&rr ѽMɕаMեє ѽ5䃊(ȴ̃ѥ̹(Ӗ?>܁Q!=AA1H