The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2018 - Page 44

AWS の選択 パブリッククラウドプロバイダーとして AWS を選択すること は、現在では難しい選択となるでしょう。Microsoft Azure と した。大規模なデータ処理や分析を必要とする企業向けに、 Google はデータを保存、移動し、分析のために切り分ける包 括的なフレームワークを提供します。 Google Cloud は、 AWS の有力な代替候補として登場しまし とは言え、 AWS でもエンタープライズと連携する、サービスカ た。クラウドプロバイダーとしての Microsoft の進歩をベース タログを構築しており、そのサービス提供は十分魅力的なもの にすると、 AWS と Azure の混合マルチクラウドは長期計画向 であると判断しました。セキュリティモデルは期待に沿ってお けの実行可能なアプローチになります。 り、ツールはインベントリで必要とされていたもので、よく適合 Microsoft Azure には、説得力あるコアアプリケーションサー ビスとともに、 AWS と同様のサービスが用意されています。こ れらの処理を「クラウド化」することで、 Microsoft は大きな 機会を得る可能性があります。その一方で Google は、データ サイエンス、分析とプラットフォームコンピューティングのコン セプトを採用し、その上に動的インフラストラクチャを実装しま 42 | THE DOPPLER | 2018 年夏号 していました。 クラウドへの適合 組織内でクラウドの使用がもっともふさわしい場所を調べてい く過程で、提供価値を最大にする 2 つの領域に注目しました。 1 つは、オーバーレイ管理に重点を置く Natixis 事業部門のプ ロセス自動化生成です。クラウドを使用することで、スケーラビ