The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2018 - Page 41

アジリティバブルを短くするには、次のプ ログラムを考慮します。 ドメインリーダーの交替 – テクノロジーサイロを制御 する管理上の永久凍土層を破壊する これらは運用、アー キテクチャー、顧客サービス、ストレージ、およびネットワー キングのリーダーが該当します。配置転換を実行し、他の 速度は組織の 新しい通貨です。 レガシーのインフラ ストラクチャ、システム、 チームの作業方法をリーダーに体験させます。対象に関す る新鮮な見方により、他のチームに対する共感と観点が得 られます。 シェルパの手を借りる – アジリティのトレンドをナビ ゲートできるコンサルタントの雇用を強くお勧めします。覚 えておいてください。これは典型的な組織替えではありま およびプロセスの重荷から せん。課題は一新されています。チームが自律、自己形成、 解放されて め、コンサルタントは必ずスキルと計画に応じて選別してく アジャイルな新しい競合者が、 カンザスの農場の プレーリードッグのように 出現します。 および自己定義した構造に移行していくからです。そのた ださい。 職務明細書を忘れる – これを実施していない場合、人 事部が介入して、 DevOps エンジニア、クラウド設計者、クラ ウドセキュリティ設計者、および必要かどうか不明なその他 多数のロールに対する職務明細書を求めます。問題は、こ れらのロールが 3 ヶ月ごとに変わる点にあります。直前の四 半期で必要なスキルは、次の四半期ではまた変わってしま います。 志望者の選出と支援 – 最大の資産となるのはチームの 先駆者とイノベーターです。クラウドチームを立ち上げ、リー ドし、会合に出席し、認められることを希望する人物をサ デジタルトランスフォーメーションはアジリ ティプログラムではない 混同しないでください。デジタルトランスフォーメーションで はアジリティにはつながりません。デジタルトランスフォーメー ションは基本的にアナリストが身内で使う専門用語であり、 明確さと厳密性に欠けたマーケティング用語です。形をとった その成果物については多くの定義があり、見解は一致してい ません。これに対してアジリティとは、組織の製品開発チーム のすべてが課題と機会に対応できる能力のことを指します。し たがって、アジリティバブルは人材上の問題であり、テクノロ ジーソリューションではありません。人員は、新しいツールと技 術を活用する方法を学ぶ必要があり、そのために組織文化の 変化に目を向ける必要があります。 ポートします。メンバーを集め、高速テクノロジーとトレンド を進化させる非公式チームのサポートに目を向けます。こ れらは変化のエージェントであり、サポートを必要としてい ます。 アジリティバブルは、初期の見積りよりも長く継続します。自 分が考えるより他人は速く変わらないためです。人は、従来 のやり慣れた方法に戻ってしまうものです。新しいものを学 ぶよりも同じことをする方が容易だからです。忘れないでく ださい。アジリティバブルは人材上の問題であり、テクノロ ジー上の問題ではありません。チームをトレーニングするた めに必要な時間と労力をかけてください。自らの行動とリー ダーシップによってコミットメントを示してください。 成功したら、またお会いしましょう ! 2018 年夏号 | THE DOPPLER | 39