The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2018 - Page 31

複雑で、長い時間がかかる場合も 多いですが、クラウド転換による 結果、業務をより迅速に遂行し、 失敗から学び、常に改善できるような 組織になれます。 マーケットのニーズと新しい競合の脅威に迅速に対応しながらも、新しいテクノロジーをすばやく 採用できる組織を作るにはどうすればよいのか、多くの企業はクラウドへの転換についてこの同 じ課題に頭を悩ませています。この種の運用を実現する転換は、容易ではありません。学習と失 敗を受け入れるという新しい運用方法を隅々まで浸透させるという試みにおいて、組織のあらゆ る側面が関わってくるためです。組織の共通の方向性や原理による意思決定をすばやく行うため に、スタッフに権限を与える必要もあります。 クラウドは、アジリティと応答性を高めた組織を実現するプラットフォームコンポーネントです。た だし、変革も可能となる方法で企業がクラウドを利用するには、複数のドメインにまたがって連 携する作業も必要です。現状から成熟して新しい運用モデルが実現すれば、組織の人員、プロセ ス、およびテクノロジーコンポーネントはすべての面で影響を受けます。図 1 は、速度の最大化に とって必要となる、主な変化の概要を示しています。主な変化は、承認ベースのプロセスから、例 プロセス テクノロジー • 自律型学習 • ジョブのロール、職務明細、 改善プロセスへの重点事項が 常時変化 • 新しいスキルとテクノロジーを 探る能力 (現在のジョブに直接 関係しない場合も含めて) • 例外処理を重視 • プロセスとエスカレーションは 自動化され、 例外処理は手動で 実施 • 作業の開始と成果に基づく承認を 重視したプロセス • 18∼24か月ごとにテクノロジーを 入れ替え • 新規テクノロジーの採用決定前に 迅速な試験運用を実施 • ガイドラインを広く定義することに より、 テクノロジーを保護 外対応と定常的な組織改善に重点を置いた体制へと移行することです。 人材 • 実行プロセスに注力 • 定義されたロールを実行するよう、 新規スタッフを教育 • スキルが発展せず、 既存のスタッフには最小限の トレーニングのみ実施 • 例外処理の最小化と 管理系列内でのエスカレーションを 重視 • 作業開始前の承認取得を重視 • テクノロジーへの投資に対して 5∼7年のライフサイクル • テクノロジーの採用決定に先立ち、 長期にわたる評価期間 • 複雑な例外処理を伴う、 組織全体にわたる基準 図 1: (c9bcxj9(c9oi&cka9e8k HU:`b*8kx8ह9!8fx8ix੸yl#aix888ऺeieofx x੸Bj8ࢸx99&c9c xjjࢸofxc8 ya9e8jj8hi8ࢹi)cxjx8k y8ea:(ydx9g xkn h-9yaiy'eहy+icxj8a8axj`ࢸofx x੸z.蹣k'/xk y 98x88k/B N9nm9i#cHT