The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2018 - Page 3

The Doppler効果 過去数年間にクライアントのクラウドプログラム プロバイダーと呼ばれるケースが増えている ) を の多くは大きな進展を見せましたが、一部はある 活用する利点について説明しています。運用の複 程度にまでしか達していません。実際、パブリッ 雑さ、設備の刷新、および人材の変革というすべ ククラウドのスケーリングを始めるには、人材、プ ての課題を有能なサードパーティに任せることに ロセス、およびテクノロジーを含む IT の大規模 より、エンタープライズは速やかにクラウドへ移 な変革が必要です。 行し、リスクを抑えながらイノベーションを促進 自前のリソースを使ってこの変革に着手し、やり とげるクライアントもいます。一方で、初めはうま くいっても、価値の実現を始めるにあたって必要 な取り組みが不足していたため難航してしまうク できます。その結果、はるかに低いコストの運用 モデルが生まれることもよくあります。スケーリン グを効率的に行うには方法と経験が必要だから です。 ライアントもいます。さらに、初めから変革への希 マーケット全体を見てきて 1 つ明らかになったの 望もなければ着手するリソースもなく、少なくとも は、クラウド MSP はまったく同じではないという 現時点はその時期ではないと考えるクライアント ことです。カギとなるのは DNA です。創業時から もいます。それでは、クライアントが不要と考えて クラウドを活用したプロバイダーは、パブリックク いるのに変革すべき理由などあるのでしょうか。 ラウド運用モデルに全体的な重点を置きます。一 クラウドはクライアントの本業ではなく、ほとんど 方、従来の ITO/MSP は、レガシーの考え方と の場合に差別化の要因にもなりません。 作業量の多いプロセスを新しいモデルに組み込 CTP はクライアントとの多くの協業で、運用モデ ルの強化を支援してきました。実用最小限のクラ ウド (MVC) の方法論をベースにした環境には、 ITとクラウドを連携させる自動化およびプロセス モデル、ツールセット、および新しいセキュリティ むよう試行しています。クラウド MSP には、ロー カルであるいは一部の地域で強いプロバイダー もあれば、大規模エンタープライズクライアント と連携して国全体あるいはグローバルに展開で きるプロバイダーもあります。 アーキテクチャーがあります。現在にいたるまで、 重要なのは、完全なエンタープライズ対応クラウ 成功とはどのようなものか、そして簡単に見落とし ド MSP とはどのようなものかをしっかり把握す てしまう共通の落とし穴について、いくつかの点 ること、そして選択を間違うと、結果としてリスク がわかってきました。企業は、パブリッククラウド が増大し、最適な価値を低下させる理由を明確 プログラムとオンプレミスクラウドプログラムを に理解することです。今号では、企業がクラウド 共通運用モデルでマージすることの価値をます 管理対象サービスプロバイダーに求めるべき基 ます認識し始めています。しかし、これにより運 本要素とクラウド管理オプションについて検討し 用環境の数も増えるため、複雑性もリスクも高ま ます。最適な選択肢が見つかれば、完全なハイ ります。その結果、自社だけでの対処はさらに難 ブリッドクラウドモデルという、現在から未来に しくなっています。 わたって組織が継続的に成功するために大きな 本 書の 50 ページで John Treadway は、価値 役割を果たします。 実現時間を短縮し、クラウドプログラムのスケー ルを拡大する管理対象サービスプロバイダー (MSP -- クラウド MSP またはクラウドサービス 最高経営責任者 Bruce Coughlin 2018 年夏号 | THE DOPPLER | 1