The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2017 - Page 53

この事実から得られる教訓は、業界内でどれだ け優位な立場にある企業でも、決して現状に満 足してはならないということです。どの業界でも、 新たなテクノロジーの登場は変化と混乱を引き起 こす最大の要因の 1 つとなっており、傍観者の立 Gartner 社 2017 年の 戦略的テクノロジーの 10 大トレンド 場をとって、こうした新しいテクノロジートレンドの リスクを避ける企業は、次の Blockbuster 社や インテリジェント Kodak 社になってしまいます。しかし、それより 恐ろしいのは、このような新しいテクノロジーを導 入した企業がきわめて迅速にイノベーションを推 進できる一方、その導入に慎重な企業が後塵を 拝してしまうということです。このように、現在で はビジネス・アジリティが新たな要件となってい AI と高度な 機械学習の応用 インテリジェントな アプリケーション ます。 インテリ ェントなモノ デジタル これらの戦略的テクノロジーには、以下のような いくつかの共通の特徴があります。 • 大規模な処理を行うためのインフラストラク チャが大量に必要 • ペタバイト、またはエクサバイト規模のデータ バーチャルリアリティと 拡張現実 デジタルツイン ブロックチェーンと 分散型台帳 メッシュ を取り込んで処理する • 基盤となるインフラストラクチャ、データベー ス、およびミドルウェアがきわめて複雑なた め、 DIY (Do It Yourself) モデルで実装する のが難しい • これらのテクノロジーを活用するアプリケー 対話システム メッシュアプリケーションと サービスアーキテクチャー デジタルテクノロジー プラットフォーム アダプティブセキュリティ アーキテクチャー ションの柔軟性が本質的に高い これら 4つの特徴は、パブリッククラウドのスイー トスポットに該当しますが、柔軟なアプリケーショ gartner.com/SmarterWithGartner ( 英語 ) ンはオンデマンドのリソースに最適であり、これ こそが、クラウドの主要なバリュープロポジショ ンとなっています。予測できない需要の急増に対 応するために必要以上の容量を購入するというの は、現在の立場を維持したいと考えている CIO がこの時代にやってはならないことですが、プラ イベートクラウドの支持者は、より低コストで制 御を強化しつつ柔軟性を高められると主張する でしょう。これについては、別の日の別の記事で 反論することも可能ですが、こうしたクラウドプロ バイダーが提供するプラットフォームの機能やマ ネージドサービスを追加すると、その反論は無意 味なものとなってしまいます。 Google 社の BigQuery、 AWS 社の IoT ゲート ウェイ、および Azure の Analysis Services をは じめとするサービスは、開発者にとって素晴らし いアクセラレータであり、複雑な IT の配管設備 インテリジェント、デジタル、 メッシュという 3 つのテーマが、 2017 年の戦略的テクノロジーの 10 大トレンドの基盤を形成して いますが、これらのテクノロジー は、新興の状態から抜け出して、 さまざまな業界で大きな破壊 的潜在力を発揮し始めたばか りです。 - Gartner 社 2017 年夏号 | THE DOPPLER | 51