The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2017 - Page 38

ドプロバイダーが AI を提供できるようになったことで低価格化が進んでおり、場合によって は、このテクノロジーを活用したいと考えている企業のビジネスに大きな変革をもたらす可能 性があります。 これについて、 CTP では AI を正しく把握できるようにするための図を作成しました。図 1 は、 AI テクノロジーから最も大きなメリットを得られる使用パターン、インターフェイス、および業 界を示したものです。 人工知能 / 機械学習 マシン インタラクション IoT ヒューマン インタラクション 値予測 カテゴリ予測 バイナリ予測 インターフェイス セルフガイダンス 使用パターン 図 1: AI の大まかな分類 AI のさまざまなバリエーションやユースケースを考えると、さらに複雑化する可能性はありま すが、この表は多くの企業が直面するであろうビジネスを中心としたユースケースのための実 用的なガイドを提供することを目的に作成されました。 インテリジェントな未来への移行 AI は自ら学習できる能力を備えており、低コストで実行することが可能ですが、実際のとこ ろ、これらのシステムでは何が行えるのでしょうか。これについては、 Accenture Institute for High Performance が売上を増やすために AI を活用している企業のグループを対象に 調査を実施し、その結果を最近の MIT Sloan Management Review の記事で公開してい るのですが、そこには、回答者の 76% が AI を使用して予測の精度を大幅に向上させ、それ に応じてセールスリソースを割り当てることで売上を増やすための計画を立てていると述べ ていることが示されています。 Google Cloud AI、 Azure AI、および Amazon AI は、パブリッククラウドの AI オプションの 最たる例であり、そのいずれもが、クラウドサービス上でのアプリケーション開発に対する関 心を高めるために、それぞれのクラウド内で AI テクノロジーを活用しています。そして多くの 36 | THE DOPPLER | 2017 年夏号