The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2016 - Page 59

ソフトウェアの開発は、ビジネスにもたらされる影響の重大な特質を考慮して、厳格な 制御プロセスと長期間にわたる承認サイクルが設けられた、静的な変更管理プロセス の中で行われてきたため、Cloud Business Office (CBO) が必要です。 企業の内外のクラウドプログラムに関する意思決定とコミュニケーションで中心的な役 割を果たす CBO は、 「クラウドの Center of Excellence」の枠を超えた、最初の実 装から継続的な運用に至るまでの、クラウドプログラムのあらゆる側面の管理と指導 を行う恒久的な運用 / 管理組織です。 CBO のメンバーは、常勤と非常勤の 2 つのカテゴリに分類され、常勤の CBO メンバー は、リーダーとして、常に組織におけるクラウドの確実な導入、実装、管理に責任を 負います。常勤の CBO メンバーは、以下のとおりです。 • クラウドプログラムリーダー • 技術運用リーダー • チーフアーキテクト • セキュリティ運用リーダー 一方、リーダーとしてクラウドプログラムの成功に大きく関わり、プロセスを監視する必 要がある非常勤の CBO メンバーは、以下のとおりです。 • 法務およびリスクリーダー • HR リーダー • 調達 • IT 財務 • アプリケーションオーナーと事 業 部 門 ( 事 業 部 門 に関しては、 オンボー ディング プ ロセスで 短 期 間 常 勤 メンバ ー の 役 割 を 果 たす 場 合 が ある ) クラウドは、IT の使用および運用方法を完全に変えました。アジャイルな性質を持つ クラウドテクノロジーは、企業に大きなメリットをもたらすとともに、組織内のほぼすべ ての部門に影響を与えるうえ、クラウドでは、管理と運用に必要な人員がオンプレミス の環境よりはるかに少なくて済むため、より緊密に連携するチームを編成してサイロを 解消する必要があります。また、運用、開発、インフラストラクチャ、リスク、および 財務を集約することになるため、以下を含む一元的なプロセスを確立しなければなりま せん。 • プロジェクト管理 • 技術に関する意思決定 • アプリケーションオーナーのオンボーディング • 技術トレーニング • リスク/ セキュリティに関する意思決定 • 組織的な変更管理とトレーニング • 財務管理 • オペレーショナルサービスおよびガバナンス • ベンダー管理 2016年夏号 | THE DOPPLER | 57