The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2016 - Page 53

• パブリッククラウドコンピューティングは広く普及して いるため、中立的な第三者であるパブリッククラウド プロバイダーが、企業の外部に置かれているブロック チェーンシステムのノードをサポートできます。さらに、 使用した分のインフラストラクチャの料金を支払うだ けで済むため、大企業だけでなく、小規模企業にも 利用しやすいというメリットがあります。これにより、 ブロックチェーンへの移行に必要なコストが低く抑え られ、導入における予算の障壁が取り払われます。 • ブロックチェーンに対応したアプリケーションやデー タへのアクセスは主に、ID およびロールベースで行 われますが、パブリッククラウドは、Microsoft 社、 Google 社、および AWS 社が提供しているような、 ID およびアクセスベースの管理アプローチの試験に 用いられてきました。こうしたサービスは、このような クラウドプロバイダーの環境でそのまま使用できる状 態になっているため、各自で統合する 要がありませ ん。 • 分散環境と入出力処理中心の環境の両方に影響を 与える、集中的な取引を記録する機能は、クラウド コンピューティングで使用するのが最適で、記録機 能の処理は、コアアプリケーションに影響を与えるこ となく、新しいマシンインスタンスとストレージインス タンスで分割できます。これらのインスタンスは、起 動してブロックチェーンのプロセスのサポートに使用 された後、プロビジョニング解除されます。 ブロックチェーンを活用するには ブロックチェーンに対する関心度は、業種によって大きく異 なりますが、多くの金融取引を行ってコストがかかるものを 売買する事業の場合、このテクノロジーを導入することで 大きなメリットを得られます。 ただし、銀行のような大金を取り扱う組織でなくても、ブ ロックチェーンから価値を得られるため、原料や在庫の 購入と追跡に利用可能なアプリケーションや、ブロック チェーンを介して商品を販売できる小売組織向けのアプリ ケーションなどの導入を検討してみてください。たとえば、 医療費支払者と医療従事者に関しては、大規模な取引に 伴うコストを削減し、患者のデータを安全に保存および伝 達するためのブロックチェーン用のアプリケーションが提供 されています。 どの ) 何らかの出来事が起きて海上のタンカーとそのシス テムのすべてを追跡する場合、データがブロックチェーン のネットワークエッジに到達すると、会社側と乗組員の両 方がそのデータを変更できなくなることを明確に理解した うえで、何が正常に機能しており、どこで異常が発生して いるのかを把握することが可能です。 では、ブロックチェーンを活用するには、具体的に何をす ればよいのでしょうか。CTP では、以下に示すいくつかの 手順を推奨しています。 1) 組織または企業内のブロックチェーンによってメリットを 得られる可能性があるコアシステムとそのシステムの要件を 考察します。主にどのようなビジネスメリットを求めていま すか。また、ブロックチェーンの実装に関して、どの程度 の ROI が求められますか。 2) 現在のクラウド戦略と新しいブロックチェーンアプリケー ションをサポートするための最善の方法を考察します。つま り、既存のクラウドのエンドポイントがブロックチェーンの 実装および / またはアプリケーションにどのようにマッピン グされるのか ( またはそれらがどのような点で連携しない のか ) を把握します。また、ブロックチェーンの戦略は選 択するパブリッククラウドにも影響する可能性があるため、 各ベンダーは現在、ブロックチェーンをサポートする方向へ と向かっています。 3) ブロックチェーンの戦術的なユースケースを特定します。 1 つ目のポイントで取り上げた一般的な要件を理解すると ともに、既存のユースケースを定義して細分化すれば、そ れらをどのように構築する必要があるのかが見えてきます。 これらのユースケースを完成させたら、ブロックチェーンを サポートするのに必要なアプリケーション、そしてテクノロ ジーソリューションへと発展させることができます。 これらの手順に従えば、クラウドを介したブロックチェーン へのパスが短く、きわめてシンプルなものとなります。まだ 確立されていない成熟度の低いテクノロジーを使用すると 複雑性は増しますが、そうした問題は時間とともに解決さ れ、クラウドであらゆることが行えるようになるはずです。 さらに、IoT テクノロジーのプロバイダーなら、前述の Weather.com のアプリケーションのように、デバイスセン サーからデータベースにデータをプッシュするための手段と してブロックチェーンを使用できます。たとえば、( 暴風な 2016年夏号 | THE DOPPLER | 51