The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2016 - Page 36

機械学習および分析のための プラットフォームの構築 Joey Jablonski はじめに 予測分析とそれを支える機械学習のようなテクノロジーには、多種多様なデータセット と強力かつスケーラブルな演算リソースへのアクセスが必要ですが、組織は予測分析 や機械学習を含む先進的な機能により、 ソーシャルメディア、 オンライン情報、 モノのイン ターネット (IoT) などのソースから得た膨大なデータを活用して、組織全体にわたる意 思決定をデータ主導で行うことができます。また、データレイクを活用して予測分析と 機械学習のワークロードを処理するのに必要な情報を保存すれば、組織全体のスタッ フがデータの分析と理論の検証を行って、ビジネスプロセス、カスタマーエクスペリエン ス、および製品の変革を促進することが可能になります。 データレイクは、既存のシステムを置き換えるものではなく、既存のデータプラットフォー ム間の統合ポイントとして、組織が持つすべてのデータ K ߎ >[2[_g+"zC 'Z/f #+ #ϚÖKs"C #GW +{ώ 3r2[W 3[ ߎ rV '3Ǧ~ K>_G #g /L+^c ߎ  Ks3_g 7Î ?+  ă ׎ ++?/&疺k ;  ' KB  w  + ώ w 3 KR# /O 7 + #ώ k ߎ+ ߎ ZO:k +g+  K/'g /  +S >R Kc*ۚ/w ~+f ZO"zC K3 :k Kڷ2_+S3 ?ҧ W 'W 3 ++ ώ+_ ώ ˦3 KRcWo +g /O3 # "V ώW # +   + #ώ W KWg /3 +g ǹăP+3  _ # KZ//g /7"j&/   K"@+*Wo / _G 3Î '*O+ #ϞSvVg?/ K_|+ g(ЁQ!=AA1HۖӖ?>