The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2016 - Page 24

CloudOps: ハイブリッドクラウドの パフォーマンスを管理するための 6つの方法 David Linthicum CloudOps とハイブリッドクラウドで稼働する本番環境レ ベルの質の高いシステムに重点が置かれるようになる中、 パフォーマンス管理を展開戦略の中核に据えることが求め られています。 ソフトウェア業界では、10 年以上にわたってハイブリッドク ラウドの開発が続けられており、CTP の開発能力はかなり のレベルに達しています。そして現在では、ハイブリッドク ラウドの管理方法に関する戦略やベストプラクティスが実 践され始めており、ソフトウェア業界は、単にクラウドベー スのアプリケーションを使用するだけでなく、クラウドの運 用 (CloudOps) に関するベストプラクティスを確立しつつあ ります。 この記事ではまず、ハイブリッドクラウドの概念をコンポー ネントのレベルにまで分解し、パフォーマンスの観点から ハイブリッドクラウドの最適な管理方法を考察します。そ してそれが終わったら、各要素を包括的なハイブリッドク ラウドアーキテクチャーにまとめたうえで全体的なパフォー マンス管理機能を分析し、それらすべてがより戦略的な CloudOps にどのように適合するのかを見ていきます。 分散機能が重要 今日のハイブリッドクラウドは、わずか数年前に展開してい たものと同じではありません。ワークロードはかつて、プラ イベートクラウドまたはパブリッククラウドに静的に結合さ れていましたが、最近では、プライベートクラウドとパブリッ ククラウド間で非常に柔軟にワークロードを移行できます。 そしてこのような移行は、ほぼリアルタイムで動的に、また は raw コードや raw データを移行するといった手動のプ ロセスとして実行することが可能です。 プライベートクラウドとパブリッククラウド間でワークロード を移行できる機能は重要です。 22 | THE DOPPLER | 2016年夏号 パフォーマンスは、アプリケーションアーキテクチャーの コンポーネントを最適な形で動作させる方法を見出すうえ で重要なものであると考えてください。これらのコンポー ネントを ( データベース、プログラム、ユーザーインターフェ イスなどの ) ワークロードにまとめれば、処理しやすい形で グループ化されるため、アプリケーションの最適化が容易 になります。 仮想マシン、コンテナー、アプリケーションなどをまとめた ワークロードを作成する方法はいくつもあります。また、こ の記事の範囲を超えているため、この種のワークロードを 移行する方法の詳細は述べませ O3w 3 KB_+D+Î ώώ+ K3g /_ /g+ ώώ+ _ ǎ ߎώ ώ' g |+'   ׎O w 3 'g H+B  /O37 /ǖ3Cz/ ώώw7ώ#Cώ$+g 6c _ ǎ ߎώ K/"Cg /VÎ ώώ++ K2O 7 3Î ߎ O KB 6c ώ++ K2O >g3k 3_  ώώ++G[ + #ώ_ g#  '+34+g+OOw#+7_ g#+ #ώGX+  ' 'Cώ KVӎg / \+ ߎώVÖk? +w 3 'ZO ' K"V+g /ZW~rj"ۦfCcrg /Og+GW {ώ BZ_"V+3>CoW 3 / w 3 Kh+Rg / #_?W