The Doppler Quarterly (日本語) 夏 2016 - Page 18

「CTP 社のサポートにより、新しい製品 を短期間で開発してモバイルおよびクラ ウドアプリケーションに組み込むことが できました。豊富な知識を持つ同社の チームは、柔軟かつきわめて効果的にビ ジネス成果の実現を後押ししてくれまし た。 」 - AFL社テスト/調査部門 エンジニアリングディレクター、 Dane Krampitz氏 Google Cloud Platform上に構築 既存のデータセンターではなく、クラウドで AFL 社のアプ リケーションをホストすることにした主な理由は、クラウド で提供されるコラボレーション機能にありました。AFL 社 は、請負業者や他のサードパーティが、同社の組織のファ イアウォールの外で自身のデバイスからデータにアクセスし たり、データをアップロードしたりすることが可能なソリュー ションを必要としていたため、ID アクセス管理を統合して、 ユーザーが各自のプロジェクトポータルやワークローに安 全にアクセスできるようにしました。 全世界で AFL 社のプレゼンスが高まる中、グローバルな自 動スケーリング機能もプラットフォームの成功に不可欠な要 素となっており、同社は Google App Engine の Flexible Environment によって、アジリティ、拡張性、さらには現 在と将来の開発作業を簡素化するのに役立つ、事前にパッ ケージ化されたテクノロジーを得ています。また、全世界 での展開を迅速化するために、Google Cloud Platform の Cloud Storage、BigQuery、 および Datastore を活 用しています。 継続的な運用と開発の管理 AFL 社にとって、アプリケーションを展開した後の内部ネッ トワークの運用を最小限に抑えられる組織と連携すること は重要でした。これについて、同社のテスト/ 調査部門で エンジニアリングディレクターを務める Dane Krampitz 氏 は、次のように述べています。 「私は、サーバーのメンテナン 16 | THE DOPPLER | 2016年夏号 スとサポートを組織の外部に委託したいと強く思っていまし た。CTP 社と Google App Engine は、私たちがエキス パートになる必要がないと考えていたレベルの作業を数多 く行ってくれています。 」 AFL 社は、エンジニアリングと開発、アプリケーション監視、 およびデータ統合を含むアプリケーションサポートを継続 的に提供する、CTP のマネージドサービス機能を活用して います。そして CTP は現在、Xamarin 社と連携して iOS および Android デバイス向けのクロスプラットフォームモバ イル機能を開発しています。 明るい未来 aeRos プラットフォームが市場で勢いを増す中、AFL 社に は既存の顧客ベース以外の新たなビジネス機会がもたらさ れており、多くの通信事業者が、ライセンスとサードパーティ のモバイルアプリケーションによって自社のオペレーショナ ルシステムにこのようなワークフローを統合することに興味 を示しています。これについて、今後の成長に期待を寄せ る Dane 氏は、 「現時点で対応できないほどの機会がもた らされており、今は賢明な選択をすることが課題の 1 つに なっている」と語っています。