The Doppler Quarterly (日本語) 冬 2018 - Page 83

クラウドに関しては、クラウド成熟度モデル (CMM) によって効率的なクラウド導入戦略を構 築できます。CMM は、成熟度の段階を決定する特性、次の段階に進む前に完了しておかな ければならない各段階における変革の取り組み、組織の成熟度のさまざまな段階で実現さ れる成果を定義しています。CTP では、サービス運用、テクノロジー、人材という 3 つの重点 領域にわたって企業を評価するために、この CMM を開発しました。そのプロセスは、簡単な ギャップ分析です。最初のステップは、現状を評価することです。次に、組織の現在のクラウド 能力と対応状況に基づいて、将来の状態が特定され、 「あるべき」状態を実現するための推 奨事項が作成されます。CMM は、クラウド変革を正しい方向に進めていくうえで役立つ強 力なツールです。 重要な取り組み 3: 関係者の分析を実施する 主要な関係者の評価とプロファイリングを行うことは不可欠です。その名のとおり、変革とは、 共通の認識に異議を唱え、変更されないものとして設計された組織構造を崩壊させる可能性 のあるものです。体系的かつ構造化されたアプローチによって関係者の利害を管理すること で、クラウドプロジェクトに対する理解と協力を得ることができます。また、個人およびグルー テクノロジー 人材 ュリティ/ スク / ライアンス プロセス / 運用モデル 自動化 実行 / 運用 人員配置 / 人材 / スキル コミュニケーション / 文化的な変更 かつコンプラ に対応した 能なサービス プロアクティブな マネージドサービス アプリケーションの 自動スケール /自動修復 サービス最適化の 自動化 クラウド/DevOps スキルの業界リーダー サービス品質を 重視したデリバリ レームワーク アプリケー ンの展開 継続的なアプリ ケーションの変更 アプリケーションと インフラストラクチャ のプロビジョニング エンドツーエンドの クラウドサービスを サポート可能 クラウド/DevOps スキルの最適化 成果ベースかつ 顧客指向のデリバリ レームワーク インフラスト チャの展開 セルフサービス インフラストラクチャ の変更 Infrastructure as Code エンドツーエンドの クラウドサービスを サポート可能 クラウド/DevOps スキルの連携型 クロストレーニング アプリケーションを クラウドに移行する チームと連携 ウド制御 ムワークを 用可能 サービスの プロビジョニングの 自動化 統合自動化 フレームワーク クラウドサービス パターンを運用可能 クラウド/DevOps スキルの成熟 初期のチームが 新たな運用モデルの デモを実行 ライアンス の文書化 ITILで管理された インフラストラクチャ 自動化フレームワーク アプリケーション ごとに異なる運用 クラウド/DevOps スキルの構築 クラウドのビジョンと 目標の概要 ド成熟度モデル (CCMM) 2018 年冬号 | THE DOPPLER | 81