The Doppler Quarterly (日本語) 冬 2017 - Page 54

7 モノのインターネッ Layer of the Internet of 7 Things (IoT) ト (IoT) の つのレイヤー People & Process 人員およびプロセス Layer 7 7 - - 「モノ」 Transformational レイヤー のアプリケーションとデータに基づく変革の意思決定 decision making based on ÒThingÓ Apps & Dat a Business ビジネス Value 価値 Applications アプリケーション Layer 6 - Custom Apps built using ÒThingÓ data レイヤー 6 - 「モノ」 のデータを使用して構築したカスタムアプリケーション Data Analysis データ分析 Layer 5 - 5 Reporting, Mining, Machine Learning レイヤー - レポート、 マイニング、 機械学習 Big ビッグ Data データ Data Integration データ統合 Layer 4 4 - Big Data, Harvest & storage of ÒThingÓ dat a レイヤー ビッグデータ、 「モノ」 のデータの収集と保存 Cloud クラウド Global Infrastructure グローバルインフラストラクチャ Layer 3 - Cloud infrastructure (public, private, hybrid, managed レイヤー 3 - クラウドインフラストラクチャ ( パブリック、 プライベート、 ハイブリッド、マネージド ) Connectivity / Edge Computing 接続 / エッジコンピューティング 2 - Communications, Protocols, M2M, Wifi, Telecom, HW ハー Kits ドウェアキット レイヤー 2 - Layer コミュニケーショ ン、 プロトコル、 ネッ Networks, トワーク、 M2M、 Wi-Fi、 電気通信、 フォグ Fog モノ Things Layer - Devices, sensors, controllers, etc. レイヤー 1 - 1 デバイス、 センサー、 コントローラーなど Layer 1 - Devices, sensors, controllers, etc. 図 1: IoT のエコシステムのレイヤー 多くの業界で活用される IoT IoT の機会は、ほぼすべての分野と業界に広がっていますが、データアクセスが生み出すハ ロー効果を見てみると、 IoT の導入とデータの収益化に関する各業界の成熟度レベルはさま ざまです。CTP では、灯台から海岸を照らすために使用する階段状の光学設計である (下 位であるほど可視光線が届く距離が長くなる ) フレネルレンズから発想を得て、金銭的価値 に順位を付けていますが、 IoT の収益化の場合、下位であるほど IoT データを使用すること で得られる金銭的な見返りが大きく、 IoT プロジェクトに対する投資から得られる価値の範 囲も広くなります。 ケーブルテレビ業界 - DVR のログの集約 多くのケーブルプロバイダーは、コンシューマーのエクスペリエンスと測定において新たなイ ノベーションを推進する、セットトップボックスの接続に期待を寄せています。一般的な DVR とセットトップボックスから収集した、デバイスの信頼性、コンシューマーのエクスペリエン ス、およびコンシューマーの好みに関するデータを活用すれば、さまざまな意思決定を行うこ とが可能になります。 52 | THE DOPPLER | 2017 年冬号