The Doppler Quarterly (日本語) 冬 2017 - Page 43

労働安全 コネクテッドホーム ユーティリティ最適化 運動選手の安全と パフォーマンス 予測メンテナンス 貿易金融の自動化 資産の管理と追跡 医療 リソース活用の自動化 デバイス管理 自律化と制御 輸送 図 1: さまざまな領域における IoT の可能性 バリューチェーン IoT 製品またはプロジェクトの目的は、 IoT ユーザーに接続を提供することにありますが、こ れは、 IoT プロバイダーが IoT プラットフォームでプロビジョニングされたサービスやパブリッ ククラウドのリソースを使用することによって可能になります。 IoT は、現代人のエクスペリエンスの向上に貢献する、ほぼすべての領域を強化するための 手段を提供するものであり、たとえば、長寿命化の可能性、一般的なサービスのコストの削 減、人間の効率の向上などのすべてが、接続されている人の生活をより一層充実させます。 克服すべき懸念 IoTの導入数が増え続ける中、適切なタイミングで適切なテクノロジーを使用して適切に対処 しなければいつまでも解消されることがない、導入を妨げる原因となる懸念事項がいくつか あります。 通知過多 – ユーザーが接続するデバイスが増えると、通知過多のリスクがより一層高くなり ます。IoT ベンダーは、ユーザーが通知を無効にして IoT 製品やそれを支えるサービスから 価値を得られなくなることがないよう、自社のプラットフォームにおいて、タイムリーで関連性 の高い正確な通知を重視するようにしなければなりません。 プライバシー – ユーザーが抱くプライバシーに関する期待は、これまでになく高くなってお り、 IoT ベンダーは、規制、法律、およびプライバシー標準を認識することに加えて、ユーザー の期待を確実に満たさなければなりません。ユーザーデータのプライバシーを確保するには、 質の高いソフトウェアを開発して定期的にテストを行い、改善を加える必要があります。 2017 年冬号 | THE DOPPLER | 41