The Doppler Quarterly (日本語) 冬 2017 - Page 37

クラウドの導入を成功させるには、まず導入する理由を考える 理由 利用者 重要な存在で あり続ける 事業部門 目的 新たな製品や ソリューション コスト削減 アプリケーションオーナー ブランドのエクスペリ エンスとカスタマー ロイヤルティ 中核の IT 部門 イノベーションとアジリティ 場所 方法 クラウドの導入 すべてを取り入れる 企業がイノベーションを推進するためのアジリティと能力は、クラウドの導入を促進する主な 要因となっています。大まかに言うと、企業はデジタルエコノミーの中で変革を進めなければ ならず、多く企業が、 IoT、ブロックチェーン、機械学習、分析といった破壊的なテクノロジーに 資金を投じていま が、その目的は、新たな収益源を確保したり、知識労働をデジタル化し たり、より根本的には、ディスラプションが起きる市場の中で重要な存在であり続けたりする ことにあります。 CTP のクラウド導入プログラムは、 IT の運用と企業のイノベーションの両方で企業の変革を 推進することに重点を置いた内容となっていますが、クラウドによって提供されるものをすべ て取り入れて最大限に活用するには、組織においてその両方を成熟させることがきわめて重 要です。 詳細については、 www.cloudtp.com/cap ( 英語 ) をご覧ください。 2017 年冬号 | THE DOPPLER | 35