The Doppler Quarterly (日本語) 冬 2017 - Page 30

Netflixのクラウドへの 移行が完了 Netflixクラウド/プラットフォームエンジニアリング担当バイスプレジデント、 Yury Izrailevsky ウドの柔軟性により、数千台の仮想サーバーとペタバイト規模 Netflix は、 7 年にわたる移行プロセス を経てクラウドへの移行を完了し、最 後のデータセンターを閉鎖しました。 新たな国に自社のサービスを拡張し、真のグローバルインター Netflix は、大規模なデータベースの破損が起き、 3 日間にわ 複数の AWS クラウドのリージョンを活用することにより、当社 たって会員に DVD を出荷できなくなった 2008 年の 8 月にク ラウドへの移行を開始しました。私たちはそのとき、データセン ター内のリレーショナルデータベースなどの垂直方向に拡張さ れた単一障害点から、きわめて信頼性の高い水平方向に拡張 可能なクラウドの分散型システムに移行する必要があることに 気付き、最も規模が大きく広範なサービスや機能を提供してく れることから、クラウドプロバイダーとして Amazon Web Ser- vices (AWS) 社を選択しました。当社では、 2015 年より前にす べての顧客向けサービスを含むシステムの大部分をクラウドに 移行しましたが、それ以来、顧客データと従業員データの管理 のあらゆる要素とともに、課金インフラストラクチャをサポート する安全性と耐久性に優れたクラウドへと移行するためのプロ セスを見出すことに時間を費やしてきました。そして喜ばしいこ とに、 7 年間にわたるたゆまぬ努力の結果、 2016 年 1 月の初め にクラウドへの移行を完了し、最後までストリーミングサービス で使用していたデータセンターを閉鎖することとなりました。 クラウドへの移行は当社に多くのメリットをもたらし、ストリーミ ング会員は 2008 年から 8 倍に増えました。また、会員のエン ゲージメントが大幅に向上し、全体的な視聴数が 8 年間で 3 桁増加しました。 Netflix の商品自体は急速な進化を続け、リソースを大量に 消費する数多くの新しい機能を組み込んで増え続けるデータ に依存してきたため、自社のデータセンターでこうした急激な 成長に対応することがきわめて難しくなり、十分なスピードで サーバーを増設できない状態になっていましたが、今ではクラ 28 | THE DOPPLER | 2017 年冬号 のストレージをわずか数分で追加して、環境を拡張することが 可能です。そして Netflix は 2016 年 1 月 6 日に、 130 を超える ネットTV ネットワークへと変貌を遂げました。全世界に広がる は動的に対応しグローバルなインフラストラクチャの容量を拡 張し、より楽しく優れたストリーミングのエクスペリエンスを場 所を問わず会員に提供できるようになりました。 当社では、ビジネスロジック、分散データベースとビッグデータ の処理 / 分析、提案、トランスコーディング、そして Netflix の アプリケーションを構成するその他数百の機能など、スケーラ ブルなコンピューティングとストレージのすべてのニーズにクラ ウドで対応しています。 動画は、会員のデバイスにデータを効率的に配信するために 全世界に展開されているコンテンツ配信ネットワークである、 Netflix Open Connect を通じて配信されています。 また当社はクラウドにより、サービスの可用性を大幅に高める ことにも成功しました。データセンターでは数多くの障害が発 生しており、クラウドでも ( 特にクラウド移行の初期段階で ) いくつかの避けることができない難局に直面しましたが、全体 的な可用性は着実に向上し、サービスのアップタイムは目標で ある 99.99% に近づきつつあります。ク