The Doppler Quarterly (日本語) 冬 2017 - Page 29

は、適切なデータインフラストラクチャを開発して適切な人材を見つけ、イニシアチブを確実 に成功させる必要があります。また、このような新たなイニシアチブを構築して発展させる能 力が自社になければ、プロフェッショナルサービスか買収の形で支援を得ることを目指さな ければなりません。物事が起きるまで待っているだけの人は価値を見出せず、市場から押し 出されてしまうことになると私は見ています。 終わることのないサイクル イノベーションが完了した後もテクノロジーは進化し続け、 S 字曲線の頂点に達すると新たな サイクルが始まります。今日では、一度適応してそのままの状態を維持するだけでは十分では ありません。今こそ変化を受け入れることに慣れるべきときです。これは 1 回限りの変化では なく、絶え間ないセルフディスラプションを受け入れた人が報われ、現状に甘んじた人が排除 されるプロセスなのです。どちらの道を選ぶのかはあなた次第です。 今すぐ未来の コンピューティングを 実現しましょう。 CTP の求人については、 以下をご覧ください cloudtp.com/careers ( 英語 ) チームメンバーを募集 • シニアソフトウェアエンジニア • シニア AWS アーキテクト • シニア DevOps エンジニア • シニアエクスペリエンスデベロッパー • シニア Azure アーキテクト • シニアセキュリティアーキテクト • シニアビッグデータアーキテクト • プリンシパルクライアントテクノロジスト • エンタープライズセールスディレクター • ビジネステクニカルアナリスト 2017 年冬号 | THE DOPPLER | 27