The Doppler Quarterly (日本語) 冬 2017 - Page 14

あらゆる企業が、 Linux Foundationで提携しており、そのほとんどが現在も進化を続けるコ ンテナーエコシステムに出資しています。 コンテナーを支持するグループは、業界がコンテナーを定義する方法として Docker を標準 にすべきではないと考えており、 CoreOS 社は、独自のコンテナーフォーマットだけでなく、競 合するコンテナーランタイムである Rocket を展開しています。また、 Google 社、 Red Hat 社、 および VMware 社も CoreOS 社と足並みを えてきました。 Docker 社と CoreOS 社は市場で雌雄を決することになると思われましたが、実際にはそ うならず、少なくとも現時点では協力し合うことを決定し、いずれも Linux Foundation の Open Container Project (OCP) に出資しています。 Docker のフォーマットとランタイムは進化を続ける OCP 標準の基盤を形成しており、 Docker 社は素晴らしいことに、イメージフォーマットとランタイムエンジンに関するドラフト 仕様とコードの両方を公開する予定にしています。そしてこれがプロジェクトを活性化させ、コ ンテナーコミュニティは現在、このプロジェクトから何が生み出されるのかを見守っています。 Docker 社は標準を形成するテクノロジーの一部を放棄す る一方、すべてを手放すことはできず、現在も発展の可能性 があるテクノロジービジネスを展開しています。 このようなトレードオフに関する議論は、 Docker 社以外のテクノロジー企業でも常に行われ ており、コンテナーコミュニティは、企業が標準を主導する場合、それらの企業が必ず長期間 にわたって成長するという事実を受け止めなければなりません。 コンテナーの標準 : コアのその先へ コアコンテナーのフォーマットとランタイムは、標準を求めている IT 担当者にとっての最大の 関心事となっていますが、コアから大部分のコンテナーで使用されることになるクラスターマ ネージャーへと移行すべきときが訪れています。コアコンテナーと比較して、クラスターマネー ジャーではさまざまな要素が少し排他的 ( 独自仕様で相互運用性が低いもの ) になります が、現時点では、 CoreOS 社と Docker 社がそれらを共同で管理しているように思われます。 Google 社の Kubernetes ( 一般に「k8s」と呼ばれる ) Kubernetes は、コンテナーを拡張して耐障害性を高める方法 などの点でコンテナーを管理できる、オープンソースのコンテナークラスターマネージャーで、 コンテナーのスケジュールを設定したり、コンテナーを割り当てたり、ディスク領域とストレー ジを管理したりすることが可能です。 Kubernetes はまさに、コンテナークラスターマネージャーの機能の標準を定めるものであ り、私た hxc:)gj8dxik 9i)kn h-8ਸऺ*hia8ofxc8 y. :`8k*ik\c9/ ykxj 8࠹i&cl#aixex8ia8j8a8ad98c9.ex8ia8ofx dk8aj9cxfx8c.ex8ia8gx y..e,z !xk`n9k. 9li:fecjhibࢸ yi)`9b!k/ ykxk ynykk&yke`()h8dxijc xjxk"nl#aixex8ia8kbj࠹हd$xdxia8ofx LHT M9nm9a9c